カテゴリー
高次脳機能障害

衝撃とは反対側に見られる脳出血

jIKONAVI2013

交通事故の衝撃とは反対側に出血

koujinou20130430

※ご本人(ご家族)様より、特別に許可をいただき掲載しております。

—————————————————

事故状況

バイク乗車中に車と接触し転倒。

ヘルメット装着していたものの頭部外傷(クモ膜下血腫・硬膜下血腫)を負う。

高次脳機能障害については未精査(今後実施予定)。

救急搬送された病院にて、直ちに頭部CT検査が実施。

数日間にわたる検査においても同様の状況が連続して確認された。

反対側に出血

ぶつけた側とは反対側に出血していることが分かります。

外傷性脳出血にしばしば見られる状況です。

頭の右側(画像上では左側)に交通事故による衝撃を受け、

頭の左側(画像上では右側)に脳出血が見られます。

出血し脳が腫れた結果、

脳室(脳の空洞部分)が狭くなっています。

押しつぶさているわけです。

高次脳機能障害の精査

この交通事故被害者は、点滴と安静により軽快に向かいました。

手術は受けていません。

そうした状況にてよくあるパターンの通り、

急性期以降の頭部外傷に起因する様々な障害について何も検査されていません。

もちろん、

症状がなくご本人もご家族も何も困っていないというのなら検査の必要はありません。

しかし、

現に感情の起伏が激しくなったり、意欲の低下が見られたりと、

高次脳機能障害を疑う症状が確認されています。

ご依頼頂くことになったため、

大学病院の高次脳機能障害の専門医にかかって頂き、

目に見えない様々な症状の立証に進むことになります。

今後の流れも順次ご報告していきたいと思います。

 

 

解決に一歩踏み出す!「無料メール講座」のご案内

お問い合せやご相談と併せて、あるいは、その前にご利用下さい。

mail_kouza590

「高次脳機能障害で上位等級!」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

「高次脳機能障害で上位等級!」編の主な内容

  • 相変わらず見落とされ易いのはなぜ?
  • 認定されればいきなり上位等級になる障害
  • 高次脳機能障害って何?
  • 記憶力や意思疎通能力の低下があったら高次脳機能障害を疑うべき
  • 問題解決能力の低下というような症状もある
  • 集中力や持久力の低下?
  • 性格の変化も?
  • 高次脳機能障害が認定されるための基本的な条件は?
  • 事故による脳の損傷がスタートライン?
  • 画像所見の裏付けが重要
  • 意識レベルの低下が継続したか?
  • 脳の高次の機能がどの程度損なわれているかを評価する
  • 知能検査(神経心理学的検査)
  • 言語機能検査
  • 記憶検査
  • 遂行機能検査
  • 人格特性検査
  • etc.

完全無料! 使える知識をお届けします。

無料メール講座入力フォーム

カテゴリー
お知らせ

痛みを分かってもらうためにすべきこと

JIKONAVI情報2013

医者がわかってくれない

isya-j

交通事故の解決において、負った怪我の痛みをわかってもらうことは大変重要です。

誰に分かってもらうかというと、最終的には保険会社ですが、まず必要な相手は医者です。

医者にわかってもらえないと、保険会社も分かってくれません。

というより、その場合、保険会社には分かる必要性がなくなります。

少しでも支払いを抑制したいのが保険会社ですから、痛みを分かる必要がなければ、自ら積極的に分かろうとする必要性が生じません。

交通事故被害者にとって重要なのは、医者に痛みをわかってもらうことです。

医者の協力姿勢

ここで医者の協力姿勢が問われます。

医者には医学的に妥当な範囲において自由な判断が委ねられています。

その範囲内であれば保険会社に有利な判断もできれば、交通事故被害者に有利な判断をすることも可能です。

貴方の主治医はどうでしょうか?

医学的に妥当な範囲で交通事故被害者に有利な判断をしてくれるタイプの医師ですか?

もし、そうでなく、そのままその医者にかかりつづけたら、きっと不満の残る解決が待っています。

医者選びは大変重要です。

保険会社との交渉を頑張るよりも、医者選びを頑張った方がきっと良い解決が待っています。

重視すべき箇所を見誤らないようにしてください。

 

 

カテゴリー
お知らせ

椎間板ヘルニアの手術など、脊椎専門医の手配できます

JIKONAVI最新情報2013

脊椎専門医の手配できます

wiget_keiyou2

交通事故では、椎間板ヘルニアの手術を受けるべき状態であっても受けられない場合があります。

たとえ交通事故被害者が手術を希望したとしてもです。

その理由は、椎間板ヘルニアと交通事故の因果関係の解釈に幅があるためです。

その幅は広く、

同じ交通事故被害者の症状であっても因果関係を肯定する医師もいれば、

否定する医師もいます。

180度ことなる解釈が医学的妥当性をもって成り立つこともあります。

 

もちろん、保険会社にとっては好ましいのは否定する医師です。

ヘルニアと交通事故の因果関係を否定できれば手術代を払わなくて済む上に、

治療を早期に打ち切ることも可能となるためです。

 

一方、交通事故被害者にとって好ましいのは肯定する医師です。

理由はもちろん治療が受けられためです。

 

こちらの写真はイメージです。
こちらの写真はイメージです。

当事務所では、交通事故被害者にとって好ましい判断をしてくれる脊椎専門医の紹介を行っております。

医学的に妥当な範囲で手術適用と判断されれば、ご本人の希望のもと、手術を受けていただけます。

頚椎・腰椎椎間板ヘルニアの手術を希望される方はお気軽にお問い合わせ下さい。

無料メール講座のご案内

お問い合せやご相談の前にご利用下さい。

mail_kouza590

「頚椎椎間板ヘルニアで希望通り解決する方法」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

「頚椎椎間板ヘルニアで希望通り解決する方法」編の主な内容

  • 失敗する交通事故被害者が多い頚椎椎間板ヘルニア
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#1
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#2
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#3 画像所見
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#4 因果関係
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#5 外傷性
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#6
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#7 医師との対話
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#8 転院
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#1
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#2
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#3
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#4
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#5
  • 二度目の認定は得られるか
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#1
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#2
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#3
  • etc.

1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。

一日一通のペースでメールが届きます。

(C)2013ジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ)

カテゴリー
高次脳機能障害

高次脳機能障害 MRI画像

JIKONAVI2013

高次脳機能障害 MRI画像

01 02

 

※ご本人(ご家族)様より、特別の許可を戴き掲載しております。

——————————————-

事故状況

バイク乗車中に車と接触し転倒、

頭蓋骨骨折、脳挫傷

交通事故発生から約1年半で症状固定。

専門医紹介までの経緯

今回、ご依頼を受けて専門医を紹介させて戴きました。

それまでは救急搬送された病院に入院・通院されていたのですが、

高次脳機能障害を立証するための検査は何一つ受けておられませんでした。

その病院では、全く取り合えてもらえなかったようです。

そこで、当事務所にご相談に来られ、

病院紹介や検査手配が出来るということでご依頼されることとなりました。

MRI画像

高次脳機能障害の専門医をご紹介し、

診察にも何度となく同行しました。

上記画像は症状固定の約2ヶ月前に撮影されたものです。

脳挫傷の痕跡や、

びまん性軸索損傷を推論付けるのに十分な所見が確認されました。

交通事故で高次脳機能障害の後遺障害等級の認定を得るためには、

画像所見は必須です。

その画像所見も、今回、大学病院の設備と読影によりしっかりと得ることができました。

自画自賛になりますが、

こういう対応がスムーズに出来るのは、事前に大学病院の医師と申し合わせが出来ているからでしょう。

そうでなければ、大学病院の専門医にそう易々とかかることさえ適いません。

後遺障害等級の申請

後遺障害診断書にも、

MRI所見をしっかりと書いてもらいました。

これから申請を行いますが、

日常生活(ADL)や神経心理学的テストの結果から、相当重い認定が予想されます。

 

高次脳機能障害の可能性があるのに、何一つ専門的な検査が受けられていない方は、お気軽にジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ)までお問い合せ下さい。

お問い合せフォーム

解決に一歩踏み出す!「無料メール講座」のご案内

お問い合せやご相談と併せて、あるいは、その前にご利用下さい。

mail_kouza590

「高次脳機能障害で上位等級!」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

「高次脳機能障害で上位等級!」編の主な内容

  • 相変わらず見落とされ易いのはなぜ?
  • 認定されればいきなり上位等級になる障害
  • 高次脳機能障害って何?
  • 記憶力や意思疎通能力の低下があったら高次脳機能障害を疑うべき
  • 問題解決能力の低下というような症状もある
  • 集中力や持久力の低下?
  • 性格の変化も?
  • 高次脳機能障害が認定されるための基本的な条件は?
  • 事故による脳の損傷がスタートライン?
  • 画像所見の裏付けが重要
  • 意識レベルの低下が継続したか?
  • 脳の高次の機能がどの程度損なわれているかを評価する
  • 知能検査(神経心理学的検査)
  • 言語機能検査
  • 記憶検査
  • 遂行機能検査
  • 人格特性検査
  • 社会生活にどの程度支障があるかの評価
  • 「神経系統の障害に関する医学的意見」
  • 認知・情動・行動障害
  • 社会生活・日常生活に与える影響について
  • 全般的活動および適応状況
  • 日常生活状況報告
  • 就労・就学状況
  • 声かけ、見守り、介助が必要な理由
  • 社会生活での支障の程度をアピールするコツ
  • 高次脳機能障害の後遺障害申請?
  • 1級は4000万円!、2級は3000万円!
  • 3級の高次脳機能障害は2219万円!
  • 5級の高次脳機能障害は1574万円!
  • 7級の高次脳機能障害は1051万円!
  • 9級の高次脳機能障害は616万円!
  • 12級で224万円、14級で75万円
  • 高次脳機能障害で上位等級のために#1
  • 高次脳機能障害で上位等級のために#2
  • 高次脳機能障害で上位等級のために#3
  • etc.

完全無料! 使える知識をお届けします。

無料メール講座入力フォーム

カテゴリー
高次脳機能障害

高次脳機能障害 9級10号認定(非該当からの異議申立を受任) 和歌山県 女性 主婦

9級10号認定(非該当からの異議申立を受任)

非該当から9級10号認定

異議申立前の状況

すでに一度は、後遺障害の申請を行っていましたが、

高次脳機能障害のための検査は何一つ受けていませんでした。

異議申立のための準備

dr213

立証に欠かせない「神経心理学的検査」を一通り受けて頂くため、

協力関係にある医師の中から高次脳機能障害を専門とする、

大学病院の医師にかかって頂きました。

診察#1 大学病院での初診

家族と一緒に問診を受け、

関係のありそうな症状をピックアップし、

検査方針をたてました。

一連の検査

初診の際に立てた方針にもとづき、

一連の検査を受けて頂きました。

診察#2 2回目の問診

検査結果を確認し、

さらなる追加検査の要否を確かめました。

幸い、予想通りの検査結果が得られており、追加は不要という判断に至りました。

異議申立へ

後遺障害診断書の入手と、添付書類の準備

大学病院から高次脳機能障害のための後遺障害診断書を入手し、

それを基に立証書面の作成を行いました。

手続実施

異議申立手続を実施、

結果、高次脳機能障害が認められ9級10号が認定されました。

当初の検査不足から、

上手く状況を挽回でき、

示談に向けて良い結果を得ることができました。

その後

後遺障害等級が認定されるまで当事務所が担当しますが、

その後の弁護士の仕事となります。

認定された後遺障害等級を最大限に活かすべく、

交渉に強い弁護士を紹介させて頂きました。

異議申立の成功率を高めるために

rinen_9

異議申立に必要な医学的な立証作業を当事務所では得意としております。

高次脳機能障害の可能性があるのに、

立証不足によって認定を逃している、あるいは、低く認定されているという方は、当事務所までお問い合わせ下さい。

大学病院の専門医と連携し、サポートさせて頂きます。

解決に一歩踏み出す!「無料メール講座」のご案内

お問い合せやご相談と併せて、あるいは、その前にご利用下さい。

mail_kouza590

「高次脳機能障害で上位等級!」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

「高次脳機能障害で上位等級!」編の主な内容

  • 相変わらず見落とされ易いのはなぜ?
  • 認定されればいきなり上位等級になる障害
  • 高次脳機能障害って何?
  • 記憶力や意思疎通能力の低下があったら高次脳機能障害を疑うべき
  • 問題解決能力の低下というような症状もある
  • 集中力や持久力の低下?
  • 性格の変化も?
  • 高次脳機能障害が認定されるための基本的な条件は?
  • 事故による脳の損傷がスタートライン?
  • 画像所見の裏付けが重要
  • 意識レベルの低下が継続したか?
  • 脳の高次の機能がどの程度損なわれているかを評価する
  • 知能検査(神経心理学的検査)
  • 言語機能検査
  • 記憶検査
  • 遂行機能検査
  • 人格特性検査
  • 社会生活にどの程度支障があるかの評価
  • 「神経系統の障害に関する医学的意見」
  • 認知・情動・行動障害
  • 社会生活・日常生活に与える影響について
  • 全般的活動および適応状況
  • 日常生活状況報告
  • 就労・就学状況
  • 声かけ、見守り、介助が必要な理由
  • 社会生活での支障の程度をアピールするコツ
  • 高次脳機能障害の後遺障害申請?
  • 1級は4000万円!、2級は3000万円!
  • 3級の高次脳機能障害は2219万円!
  • 5級の高次脳機能障害は1574万円!
  • 7級の高次脳機能障害は1051万円!
  • 9級の高次脳機能障害は616万円!
  • 12級で224万円、14級で75万円
  • 高次脳機能障害で上位等級のために#1
  • 高次脳機能障害で上位等級のために#2
  • 高次脳機能障害で上位等級のために#3
  • etc.

完全無料! 使える知識をお届けします。

無料メール講座入力フォーム

カテゴリー
お知らせ

ゴールデンウィーク期間中の営業日について

JIKONAVIお知らせ2013

ゴールデンウィーク期間中の営業日について

2013gw

ジコナビは、ゴールデンウィーク期間中も平常通り、(日)(月)(祝)を定休日とし、営業しております。

 

 

 

カテゴリー
腓骨神経麻痺

神経伝導速度検査・筋電図検査の手配できます

JIKONAVI最新情報2013

神経伝導速度検査・筋電図検査の手配できます

腓骨神経麻痺などの運動麻痺の証明に、

神経伝導速度検査・筋電図検査が役立つことをご存じでしょうか?

当事務所では、

これらの手配が可能です。

しかも、某大学病院での実施であるため、

検査の実施体制は万全です。

1999jiko

膝関節脱臼骨折後の靱帯再建術

P1080051

470IMAGE001-150x150

腓骨神経麻痺などの運動麻痺は、脚の骨折後に生じやすい後遺障害です。

後遺障害は立証しなければ意味がない!

nintei

交通事故の損害賠償では、立証責任は交通事故被害者が負っています。

立証責任とは、立証できない場合の不利益を交通事故被害者が負担するという意味です。

つまり、立証できなければ、後遺障害はないものと扱われるわけです。

 

神経伝導速度検査・筋電図検査は、

目に見えない神経障害の立証に役立ちます。

 

腓骨神経麻痺などの運動麻痺の立証にお困りのあなた、

当事務所の検査手配をご活用下さい。

 

 

カテゴリー
お知らせ

ヘッダー画像

ここ1週間のことですが、

当サイトのヘッダー画像を頻繁に変更しました。

変更数は約20ほど。

その都度、

何名かのご相談・ご依頼中の交通事故被害者の方々にご意見を聞き、修正を加えました。

その結果、

現在の画像が採用されることになりました。

header950250-531.gif

皆さん曰く

ジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ)の特徴は、

——————————————-

「法律よりも医療」サービスを提供していること、

——————————————-

とおっしゃいます。

病院紹介や検査手配を実践しているからでしょう。

目指していることが理解してもらえて大変光栄です。

これからも、交通事故被害者にとってメリットの強い「医療重視」のサービスを提供していきます。

あなたの交通事故解決にも、ぜひお役立て下さい。

 

カテゴリー
お知らせ

知らずに示談はもったいない!

ジコナビ最新情報

無料メール講座スタートしました

mail_kouza

春たけなわの今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ジコナビも新しい年度を力いっぱい踏み出したいと思い、

無料メール講座を開始しました。

タイトルは、

——————————————-

事故マイスターメール講座

——————————————-

です。

「知らずに示談はもったいない。」をキーワードに、

盛りだくさんの内容でお送りします。

mail_goannai6

詳しくはこちら「事故マイスターメール講座のご案内」をご覧下さい。

是非、解決にお役立て下さい。

 

平成25年4月吉日

拝 行政書士前田修児

 

カテゴリー
ケガ/部位別・後遺障害等級 頚椎捻挫(ムチウチ)&腰椎捻挫の後遺障害

頚椎捻挫最新情報2013

頚椎捻挫最新情報2013

今日もまた、・・・

20130329cr_c
※ご本人様の特別な許可のもの掲載しております。

毎度のことですが、本日もまた次の流れを辿りました。

流れ

交通事故受傷

救急搬送、レントゲン・MRI実施

大丈夫と言われ続けて3ヶ月。

ところが本日、専門医の診察に付き添ったところ、手術の可能性が示唆されました。

実際に手術を受けるかどうかはご本人様の気持ち次第ですが、治療の選択肢に挙げられたことが大きな前進です。

同じ患者で、同じレントゲンやMRIを見ても、医師によって言うことは異なります。

そこには、純粋に医学的な意見の相違という理由もあるのですが、

どちらかと言えば保健会社の意向を気にして発言を控えている面が感じられます。

実際、そうだと認める医師も複数いるので、尚更強く感じられます。

今回のケースもその一つで、

2009年にスタートさせた脊椎専門医をご紹介するサービスで頻発パターンとなりました。

被害者にとっては、治療の選択肢が与えられ十分な説明も受けられることから、大きな前進を感じられる瞬間となります。

非常にご案内し甲斐のある頻出パターンです。

——————————————-

まとめ

病院選びを失敗すると、よくわからないまま治療が終わり、中途半端に示談してしまう可能性が高まります。

お手軽にご利用頂けます

tsuyomi1

当事務所には、後遺障害等級の認定部分だけをご依頼頂くことが可能です。

交通事故解決全般は弁護士にまかせつつ、医師・病院とのネットワークが強みを発揮する後遺障害等級の部分のみを当事務所にご依頼戴くことが可能です。また、その部分に関して、報酬が重複することもないので、手軽に使い分けして頂くことも可能です。

無料メール講座のご案内

お問い合せやご相談と併せて、あるいは、その前にご利用下さい。

mail_kouza590

「頚椎捻挫や腰椎捻挫でも後遺障害認定」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

「頚椎捻挫や腰椎捻挫でも後遺障害認定」編の主な内容

  • 頚椎捻挫や腰椎捻挫でも後遺障害認定?
  • 頚腰椎捻挫は脊髄損傷とは別物です
  • 恐ろしい脊髄損傷!
  • 頚腰椎捻挫で想定される後遺障害等級は?
  • 頚腰椎捻挫で12級はハードルが高い?
  • 12級13号ので求められているのは?
  • 12級13号は「証明」まで求められる?
  • 14級9号で求められている「説明可能」とは?
  • 12級13号の「顕著な自覚症状」とは?
  • 12級13号で求められる画像所見とは?
  • 自覚症状と整合性のある、外傷による変化をうかがわせる画像とは?
  • 自覚症状と完全に整合性のある神経学的所見とは?
  • 電気生理学的検査で12級13号を補強する?
  • 神経伝導速度検査とは?
  • 針筋電図検査とは?
  • 電気生理学的検査は神経内科が専門
  • 電気生理学的検査は”もろ刃の剣”?
  • ペインクリニックでのブロック注射で12級13号を補強する
  • ブロック注射の効果は?
  • 限定的な効果はむしろ有利?
  • 主治医の診察所見で12級13号認定の可能性を補強する
  • こんな主治医の所見が欲しい!
  • 14級9号で求められているのは?
  • 14級9号の「説明可能」とは?
  • 一貫した自覚症状
  • 一貫しているとは?
  • 通院実績が重要
  • 自覚症状の発症の説明となる画像所見は14級9号を獲得するために重要
  • 14級9号で求められるのはどの程度の画像所見?
  • こんなお願いは絶対にダメ!
  • 主治医に聞いてみるべきこととは?
  • 14級9号でも自覚症状と整合性のある神経学的所見は必要
  • どのような神経学的所見がみられるはず?
  • 14級9号も主治医の所見で補強する
  • 症状の一貫性に関する所見とは?
  • 診療報酬明細書の通院日数でわかるのでは?
  • 事故を契機に発症したことを肯定する所見
  • なぜこの所見が必要なの?
  • こんなふうに説明しておくといいかも?
  • 頚椎捻挫や腰椎捻挫でも後遺障害認定法#1
  • 頚椎捻挫や腰椎捻挫でも後遺障害認定法#2
  • 頚椎捻挫や腰椎捻挫でも後遺障害認定法#3
  • 失敗する交通事故被害者が多い頚椎椎間板ヘルニア
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#1
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#2
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#3 画像所見
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#4 因果関係
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#5 外傷性
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#6
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#7 医師との対話
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#8 転院
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#1
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#2
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#3
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#4
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#5
  • 2度目の認定は得られるか?
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#1
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#2
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#3
  • 腰椎椎間板ヘルニアで耳鳴り?脳血流検査?
  • etc.

完全無料! 使える知識をお届けします。

無料メール講座入力フォーム