メニュー 閉じる

カテゴリー: 治療・病院・医師にまつわる問題

交通事故被害者が病院ともめるケースを挙げ出すときりがありません。健康保険の問題、診断書のやるきのない内容、医師の冷たい態度、医師によって説明内容が異なり、時には同じ医師でも言うことが変わってくる、そういうことが実際に起こっています。しかし、交通事故被害者にとって、病院との関係は断ち切ることができません。慰謝料にしても休業損害にしても、そして、最重要の後遺障害等級は特に、病院あってのものです。先輩たちの失敗を繰り返さないためにも、参考にして下さい。