カテゴリー
後遺障害全般に関する知識 自賠責保険基準

【自賠責保険情報】後遺障害等級の認定に時間のかかる理由のひとつがこちら

後遺障害等級の認定に2~3ヶ月もの時間を要する理由のひとつ

自賠責保険において後遺障害等級の認定には、結果の通知が届くまで時間がかかります。

およそ2~3ヶ月もかかります。

その内、以下の「加害者への問い合わせ」に通常2週間を要します。

加害者が即座に対応すれば短縮されますが、対応しなければ2週間かかります。

その問い合わせの内容は、主に、加害者から被害者へ直接支払った金銭がないかどうかです。

そして、問い合わせに回答しない場合には、自動的に「支払った金銭がない」ことになり、被害者への後遺障害等級の認定通知へと進みます。

被害者の立場からは早く回答して欲しいところですが、加害者の立場からは見慣れない封書が突然届くので面食らうため、何もしないまま期限が過ぎてしまうということが頻発します。

以上が自賠責保険の後遺障害等級の認定に2~3ヶ月もかかる原因の一つです。ご参考にして下さい。

カテゴリー
後遺障害全般に関する知識 後遺障害慰謝料 自賠責保険基準

これだけでもイメージがつかめるかも知れません。自賠責保険の後遺障害慰謝料です

自賠責保険における後遺障害慰謝料です。

交通事故の保険にはいろいろあって複雑ですが、示談金の一部分を構成する要素です。

図:自賠責保険の後遺障害慰謝料

等級の数字が小さくなるほど慰謝料の金額は大きくなります。

また、1級と2級には二つの数字が用意されているのですが、
この理解はとりあえず、脳損傷と脊髄損傷の場合には大きな数字が適用されて、
それ以外には小さな数字が適用される、としておけば十分です。

保険の仕組みに詳しくなるにつれて、自然と細かな知識がついてくると思います。

それに何より、1級、2級が適用される被害者はきわめて少数なので多くの方にとって縁のない話しだとも思います。

カテゴリー
後遺障害全般に関する知識 慰謝料 自賠責保険基準

後遺障害等級が認定されたあなたには、自賠責保険から120万円以上の支払が受けられます

自賠責保険から120万円を越える金額が支払われます。

これだけの金額がもらえるのは、後遺障害等級が認定される場合に限ります。

しかし、最低基準と言われている自賠責保険でも、これだけの金額がもらえるのです。

後遺障害等級の認定は絶対に忘れないで下さい。

知らずに損することのないよう、十分にお気を付けください。