カテゴリー
車両保険

事故証明書ってこんなもの

交通事故豆知識

交通事故証明書ってこんなもの

EPSON241

こちらをご覧下さい。

物件事故(物損事故)の交通事故証明書です。

甲欄

甲欄(上半分の欄)は加害者について書かれています。

この交通事故証明書では「不明」となっています。

これは、今回の交通事故が当て逃げ事故であったことを示しています。

人身事故の場合はひき逃げ事故のときに同じように書かれています。

甲欄の自賠責保険関係という項目には、加害者が加入している自賠責保険の会社名が書かれています。

その右には証明書番号(自賠責保険の証書番号)です。

ここに書かれた内容が自賠責保険に対する被害者請求で使われます。

多くの場合、加害者は任意保険に加入しているので、自賠責保険会社を気にする必要はありません。

しかし、任意保険に未加入の場合、あるいは、加入していても被害者請求を行う場合には、この項目をみて必要書類を該当の会社から取り寄せることとなります。

乙欄

乙欄(下半分の欄)は被害者について書かれています。

今回は私(前田)の名前が書かれています。

この交通事故証明書は、昨年(平成24年)9月22日に起こった駐車場での当て逃げ事故のものです。

淡路島の警察署に招かれて交通安全週間運動に参加した際、警察署の前に停めていた車に誰かが当て逃げしていった事故でした。

その後の警察の対応は非常に親切でした。

あの警察の態度は後にも先にもあれきりです(笑)

なお、この事故によりバンパーが破損しました。

その修理費用は自らの車両保険にまかなってもらいました。

おかげで等級(割引等級)がひとつ下がってしまいました。

加害者が逃げなければ下がらなかった等級です。

なんともやり切れない悔しい出来事でした。

カテゴリー
車両保険

フロントガラス 飛び石でヒビ割れ発生 partⅢ

フロントガラスにひび割れ・・・保険会社から進捗状況の報告

これまでの流れ

2012.7.12午後1時頃、京都市内を車で走行中、フロントガラスにひび割れが発生。

保険会社への事故報告と、修理工場への入庫日と連絡先も伝えました。

新たな進捗

修理工場の連絡先を伝えたところ、以下のようなメールが届きました。

メールの指示に従い所定のページにログインすると、

次のように進捗状況の分かる画面に移動します。

修理工場と連絡を取り合ったことが分かります。

ここまでのところ順調に進んでいるようです。

しかし、問題は「損害額の確認」の結果がどうなるかです。

その結果はまた報告します。

カテゴリー
車両保険

フロントガラス 飛び石でヒビ割れ発生 partⅡ

フロントガラスにひび割れ・・・保険会社報告編

既報の通り、2012.7.12午後1時頃、京都市内を車で走行中、フロントガラスにひび割れが発生。

修理費用を自身の加入していた車両保険に請求すべく、保険会社へ事故報告を行いました。

報告事項は次の通り。

  • 発生日時・・・2012.7.12 午後1時頃
  • 発生場所・・・京都市中京区某交差点より南約100m
  • 発生状況・・・飛び石がフロントガラスに衝突したもの
  • 運転手・・・私
  • 免許証・・・有効期限、番号

以上で報告は終わりです。

修理工場への入庫日や連絡先がわかり次第、連絡することを伝え受話器を置きました。

なお、飛び石の場合の等級ダウンについて

気になるの等級ダウンの有無ですが、ダウンはありません。

しかし、今年(2012年)見直しが実施されることになっており、10月以降については等級がダウンします。

つまり、2012年10月以降に発生した飛び石事故によるフロントガラスの交換については、その費用を車両保険でまかなった場合には割引等級がダウンします。

ダウンする等級数については未定です。確認でき次第、追加記載を行います。

また、ネット上には古い情報が複数見受けられるため、2012年10月以降は事情が異なる旨の注意が必要です。

カテゴリー
車両保険

フロントガラス 飛び石でヒビ割れ発生 partⅠ

フロントガラスにひび割れ・・・orz

2012.7.12午後1時頃、京都市内を車で走行中、フロントガラスにひび割れが発生。

市内の幹線道路を時速50kmで走行中、コンッ!という軽い衝撃音がしました。

走行中であったため、当時はひび割れの有無を確認することができませんでしたが、停車し確認したところ、フロントガラスの中央下部にスターブレイクと呼ばれるひび割れを確認することができました。

人生二度目の飛び石によるひび割れです。

なんて運のないことでしょう・・・

しかし、今回は前回の反省もあって、飛び石にも対応できる車両保険に加入していました。

さて、これから何回かに分けて、こうした場合の車両保険の請求について紹介して行きたいと思います。

今後のおおまかな流れ

保険会社へ事故報告

ディーラーや自動車硝子店にて見積作成

保険請求

保険支払&修理