メニュー 閉じる

カテゴリー: 医者が分かってくれない

交通事故解決において一番重要なのは後遺障害等級の認定ですが、それが上手くいくかどうかは医師の態度にかかっています。しかし、医師にとってはメリットのないことに協力したいわけはありません。むしろ、裁判沙汰の可能性がある以上、デメリットを強く感じる医師が多いほどです。「交通事故の患者は適当でいい。」や、「1,000万円もらっても絶対に協力しない。」という発言が実際に医師から出るほどに交通事故患者は嫌われることがあります。そんな被害者にとって目も当てられない医師にあなたもかかっているかも知れません。具体例をご紹介します。参考にしてください。