カテゴリー
医者が分かってくれない 検査を受けたい 治療・病院・医師にまつわる問題

【よくある質問】医師に精査(詳しい検査)を求めたのに「単純でいこう」と言われて落胆

単純MRI撮影の単純の意味

「医師にMRIでの精査(詳しい検査)を依頼して承諾が得られたのに、次の瞬間、「単純MRIでいいよ。」と看護師に指示が出され、それを聞いてショックを受けました。

これで本当に後遺障害の認定は得られるの?」

というご質問をよく受けます。

頚椎mri”単純“撮影像

単純撮影の単純は、いい加減という意味ではありません

結論から申し上げると、それで多くの場合、問題ありません。大丈夫です。

単純撮影の単純は、何もいい加減という意味ではありません。

その意味は、主に、「造影剤を使わない。」や、「ストレスをかけない。」という位の意味あいです。

造影剤を用いた撮影やストレス(負荷)をかけながらの撮影と比較すれば単純な撮影方法なので、単純撮影と呼ばれているに過ぎません。

撮影方法自体は、単純でも、ほとんどの場合、大丈夫です。

それよりも気にすべきは読影(画像診断)レベルです。

それよりも気にすべきは、画像診断のレベルです。

同じMRIを見ても、医師によって見解が異なることがあります。

また、主治医は異常ありと言ってくれて、後遺障害診断書にもそう書いてくれたとしても、後遺障害等級の認定機関である自賠責損害調査事務所がそれを否定することもあります。

画像診断を受ける際は、主治医以外の読影専門医(画像診断の専門医)にも目を通してもらえる二重読影になるように、病院選びや医師への依頼方法を考えることを強くお勧めします。

読影専門医の見解は、自賠責損害調査事務所も尊重してくれる傾向にあります。

また、二重読影であれば、多数決の原理ではありませんが、診断の信憑性が確保され易く、認定機関に否定される確率を下げることが可能です。

 

 

カテゴリー
検査を受けたい 治療・病院・医師にまつわる問題

当サイトの無料相談はこのような方にお勧めします。(高次脳機能障害)

このような方にお勧めします

  • 専門医による診察・検査を受けたい方
  • 脳MRI、スペクト検査、神経心理学的検査を受けたい方
  • 受けた検査について高次脳機能障害の専門医による評価を受けたい方

さらに、このような方へもお勧めします

高次脳機能障害の検査・診察を補償につなげたい方。

検査や診察を受けるだけであれば設備の揃った病院に行くことで受けることは十分に可能です。

しかしながら、それらが補償につながるかどうかは分かりません。

医師の関心はあくまでも治療にあります。

大学病院であればデータ集めも含まれます。

しかし、決して賠償のためではありません。

そして、賠償につながるようにします

ここが当事務所の特徴です。

ただ単に高次脳機能障害の検査が受けられるだけでなく、しっかりと賠償につなげていきます。

そのための医師との連携を確保しています。

 

カテゴリー
ケガ/部位別・後遺障害等級 検査を受けたい 高次脳機能障害

進め方を誤ると十分な検査が受けられなくなります (高次脳機能障害)

進め方を誤ると十分な検査が受けられなくなります

脳血流検査(スペクト検査)の結果画面

病院・医師選びを間違えないこと。そうすれば十分な検査を受けられます

検査が受けられるか否かは、主治医の当たり外れによるところが大です。

たとえば、どこの大学病院でも一通りの検査設備はあるはずですが、担当する医師によってはどこまでの検査が実施可能であるかや、院内の検査手配の方法を把握していない先生もいます。

残念なことですが、そのような医師が主治医であった場合、十分な検査が受けにくくなります。

ご依頼下されば、そのような心配はなくなります

病院・医師選びを間違わなければ適切な後遺障害診断書が作成され、十分な補償へとつなげることが可能です。

ご依頼くだされば、信頼できる専門医をご紹介します。

身体にとってもよいことです

早い段階で専門医にかかり検査を受けておくことは、リハビリの内容やタイミングを間違わないためにも重要なことです。

検査によって原因が判明し、リハビリの内容やタイミングが明確になります。

医師の当たり外れによって、補償だけでなく、回復にも不公平が生じます。

解決に一歩踏み出す!「無料メール講座」のご案内

お問い合せやご相談と併せて、あるいは、その前にご利用下さい。

mail_kouza590

「高次脳機能障害で上位等級!」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

「高次脳機能障害で上位等級!」編の主な内容

  • 相変わらず見落とされ易いのはなぜ?
  • 認定されればいきなり上位等級になる障害
  • 高次脳機能障害って何?
  • 記憶力や意思疎通能力の低下があったら高次脳機能障害を疑うべき
  • 問題解決能力の低下というような症状もある
  • 集中力や持久力の低下?
  • 性格の変化も?
  • 高次脳機能障害が認定されるための基本的な条件は?
  • 事故による脳の損傷がスタートライン?
  • 画像所見の裏付けが重要
  • 意識レベルの低下が継続したか?
  • 脳の高次の機能がどの程度損なわれているかを評価する
  • 知能検査(神経心理学的検査)
  • 言語機能検査
  • 記憶検査
  • 遂行機能検査
  • 人格特性検査
  • etc.

完全無料! 使える知識をお届けします。

無料メール講座入力フォーム

カテゴリー
検査を受けたい

9級10号認定(14級9号からの異議申立を受任)

9級10号認定(14級9号からの異議申立を受任)京都府K市 男性 認定当時小学2

 子どもの高次脳機能障害

大人の場合と同様にあらゆる検査を受けていただきました

大人の場合と同様に、高次脳機能障害の立証に必要な検査を一通り受けて頂きました。

大人との違い

子どもの場合、検査結果の評価が難しくなります。

大人の場合には欠落障害の有無を検査結果から導き出すことをします。

しかし、子どもの場合には発達途中であるため欠落の評価が困難となります。つまり、発達障害との区別が問題となります。

異議申立で14級9号から9級10号へ

検査不足で14級9号

初回申請の際は専門医にかかることもなく、それらしい検査もなく後遺障害診断書が発行されました。

その結果、14級9号しか認定されませんでした。

それは高次脳機能障害の認定ではなく、単なる頭痛に対する認定でした。

検査・新たな医証で9級10号へ

異議申立のご依頼を受け、高次脳機能障害の専門医に診てもらうことになりました。

そして、検査をうけ、評価をうけて新たな後遺障害診断書を入手することができました。

異議申立の結果、高次脳機能障害が認められ9級10号が認定されました。

小児科・精神科の連携によって認められた成果でした。

 ご依頼によって異議申立の成功率を格段に上げることができます

異議申立に必要な新たな医証の獲得を得意とする当事務所にご相談ください。

異議申立の成功率を格段に上げることができるようになります。

カテゴリー
後遺障害全般に関する知識 検査を受けたい

交通事故被害者は後遺障害を自分で証明することになります。

後遺症が残ったなら、それは被害者が立証しなければ交通事故慰謝料につながりません。

友人から「がんばれ!」、
しかし家族からは「そんなわずらわしいこと、早く終わらせてしまえ!」と言われ、
あなたは一人で悩んでいませんか?

妥協して、保険会社の言いなりになる事は、たしかに「解決への早道です」 。

しかし、それは保険会社の都合の良い解決であって、あなにに取っては不満が残る不利益な解決なのです。

私たちは、諦めそうになる被害者を応援しています。

カテゴリー
ケガ/部位別・後遺障害等級 検査を受けたい 膝の後遺障害

膝のぐらつき感を立証するためのストレスレントゲン撮影によって後遺障害等級が認定されやすくなります

前十字靱帯、後十字靱帯、内側側副靱帯、外側側副靱帯


膝MRI画像


膝・内反/外反ストレス撮影の様子


膝・後方ストレス撮影の様子

膝の動揺関節

交通事故により膝を受傷し,靱帯をのばした場合(靱帯損傷・靱帯断裂など)には,膝関節の動揺性・不安定性を後遺症として残す可能性があります。

こうした後遺症のことを,動揺関節とよびます。

膝関節には主に4つの靱帯が存在し,よほど筋力が優れた方でない限り,いずれか一つの損傷または断裂でも,動揺性・不安定性は生じます。そして, 靱帯の回復は骨や筋肉のように早くはないため(それでも時間はかかりますが),後遺症を残す確率が高くなります。

認定の可能性がある後遺障害等級・・・ 8級7号・10級11号・12級7号

【ワンポイントアドバイス】

膝の動揺関節が,後遺障害等級として認定されるためのポイントは靱帯損傷(または断裂)の証明と,動揺性のレベルをの証明の2点です。よく見かける失敗例は,前者のみの立証しかしていないというケースです。この失敗は非常に多く見かけます。膝の靱帯損傷は後遺症を残して当たり前,という医師らの認識が現れているのかも知れません。つまり,等級認定機関なら靱帯損傷というだけで後遺症が残ることを理解してくれて,後遺障害診断書に詳しく書かなくても十分に理解して等級認定してくれるもの,というふうに医師らは考えているかも知れないということです。

しかし,現実は違います。

「後遺障害診断書に書かれていないことは後遺障害等級の対象にならない!」のですから,認定されることはありません。非該当や軽い等級の通知を受けた被害者は「あれ?どういうこと?」と首をかしげるのです。何度も繰り返し言いますが,後遺障害は立証しなければ意味がありません。動揺性のレベルの証明も欠かすことはできないのです。 動揺性のレベルは,ストレスXP撮影や装具の要否に関する所見により証明されます。これらを欠かさず検査・診断してもらい,後遺障害診断書に書いてもらうことが重要です。

【当事務所ではこのような対応が可能です】

不安定性(=動揺性)を立証するために必要な検査の手配が可能です。

  • 検査実施のための病院紹介を実施します。
  • ジコナビが所有するストレス撮影を行うための機材を持ち込み、検査を実施してもらいます(参照:下写真)

内側側副靱帯損傷・断裂の場合の撮影方法


後十字靱帯損傷・断裂の場合の撮影方法
この機材があることで、ストレス撮影の精度(質)と信頼性が高まります。

無料メール講座のご案内

お問い合せやご相談の前にご利用下さい。

mail_kouza590

「転院を使いこなして、解決を成功させる方法」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

主な内容

  • 交通事故ならではの、2大転院リスク
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#1 転院のリスクを減らす
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#2 交通事故被害者を医師が嫌うわけ
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#3 手のひらを返されるリスク
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#4 転院しないリスク
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#5 よい病院を見きわめるポイント
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#6 主治医の説得は可能か
  • 医師面談で医師を説得しようとするリスク
  • 転院をリスクなく行うために
  • 交通事故でもし後遺障害が残った場合
  • etc.

1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。
一日一通のペースでメールが届きます。

(C)2013ジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ)

カテゴリー
医者が分かってくれない 後遺障害全般に関する知識 検査を受けたい 治療・病院・医師にまつわる問題

大阪の交通事故はお任せください!

osakacity

  • 安心して通える病院をご紹介します。
  • ご依頼と同時に、直ぐに転院できるよう手配します。

病院紹介の流れ

病院紹介の流れ 整形外科の場合

ジコナビの病院紹介の特徴

rinen_9

対象となるお怪我(傷病名)

大阪市内の協力医は整形外科専門医と、脊椎専門医、股関節専門医です。

整形外科の幅広い領域に対応可能です。

病名の一例

  • 頚椎捻挫、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎骨折、頚随損傷、OPLL(後縦靱帯骨化症)、
  • 胸椎捻挫、胸椎圧迫骨折、脊髄損傷、
  • 腰椎捻挫、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、分離症、すべり症、
  • 股関節脱臼&骨折、大腿骨頚部骨折、股関節唇損傷、腸骨骨折、
  • など

病院紹介をお勧めするケース

現在かかっている医師の態度が冷たいと感じられる場合など

  • 説明が少ない。
  • はぐらかされている気がする。
  • 保険会社の言いなりになっている
  • 後遺障害診断書に乗り気でない、あるいは、書かないと言っている

交通事故解決で成功する秘訣!

医師選びで失敗しないこと。

医師選びを間違うと、良質な治療が受けられないだけでなく、余計なストレスを抱えることにもつながります。

 

病院探しは大変

協力的な医師を見つけるのは非常に困難です。

そのため、病院紹介を提供できる事務所は多くありません。

当事務所では、交通事故患者に協力的な医師開拓続けてきました。

その結果、大阪市内でも脊椎専門医のご紹介が可能となりました。

将来の悪化が不安な首~腰のケガに対応可能となりました。

ご紹介のタイミングは問いません。事故直後でも数ヶ月経過していてもご紹介可能です

大阪市内の整形専門医をご紹介します。事故直後から通院可能です。

  • 確固たる専門領域を持ち、
  • 主観ばかりに頼らない診断を下し、
  • 保険会社に決して迎合しない

このような交通事故被害者にとってプラスとなる医師をご紹介します。

交通事故患者が嫌いな医師にかかる必要はもうありません。

 

ご依頼可能なタイミング

交通事故に遭ってから間もない場合でもご依頼可能です。

交通事故から2,3ヶ月経っていても大丈夫ですし、

もっと時間が経っていても大丈夫です。

不安を抱えたまま通院するより、専門家と連携している病院に通院して頂くことをお勧めします。

当事務所のサポートプランは、安心をモットーにしています。

 

 他の専門家にかかっておられる方もご安心ください

tsuyomi1_smp

他の専門家にかかっておられても大丈夫です。後遺障害等級の認定サポート部分のみをご依頼頂くことが可能です。その他の部分は他の専門家に継続的にかかって頂き、後遺障害等級の部分のみ当事務所をご利用戴けます。また、後遺障害等級の部分のみに当事務所の報酬は発生しないので、報酬が二重に課されることはありません。(他の専門家によっては、当事務所の貢献部分にも報酬を要求するかも知れないので、事前の確認が必要です。)

  • 今の主治医にかかったまま、
    示談まで進めていってよいものか迷いを感じている
  • 迷いどころか、主治医とは端的に上手くいっていない
  • 症状は確かに残っているが、
    主治医がそれを認めようとせず、悔しい思いを溜め込んでいる
  • 保険会社と主治医が通じていそうで、
    安心して通院することができない
  • 主治医と口論になったことがある
  • 示談までに専門医にかかりたいがコネがない
  • 専門医にかかりたいが主治医は紹介してくれない
    自分で探してかかるようにと言う
  • 症状を証明したいので、
    協力的な医師との出会いを求めている
  • 法律や交渉には自信があるが、
    検査の手配や診断書の入手には自信がない
  • 弁護士に依頼していて法律面の心配はないが、医療に詳しくなさそうなため後遺障害等級の認定には不安を感じている

活用事例

  • 交通事故でも安心して通える病院を知りたいとき
  • ムチウチ(頚椎捻挫など)が長引いているとき
  • 椎間板ヘルニアが発見されたとき
  • 専門医にかかりたいとき
  • 検査に今の病院が積極的でないとき
  • 手術を受けたいとき
  • 交通事故解決にプラスになる通院方法を実践したいとき
  • など

交通事故解決がスムーズに進められるようになります。

ジコナビの行政書士が間にはいり、医師への説明を代行します。

これでもう、医師の説明が分からない、要望を言い出せない、といった悩みから解放されます。

異議申立のための検査のお願いや、後遺障害診断書を新たに書いて欲しいといった、普通であれば困難な要望もスムーズにこなします。

 

ご依頼に関するお問い合せ・お申込はこちら

byoinshokai02

 

tsuyomi3

京都市内の病院紹介も行っています

大阪市内で対応できないケガについて、京都市内の病院紹介で対応できることもあります。

京都市内なら通院できるという方は、こちらをご検討ください。

無料メール講座のご案内

お問い合せやご相談の前にご利用下さい。

mail_kouza590

「転院を使いこなして、解決を成功させる方法」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

主な内容

  • 交通事故ならではの、2大転院リスク
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#1 転院のリスクを減らす
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#2 交通事故被害者を医師が嫌うわけ
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#3 手のひらを返されるリスク
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#4 転院しないリスク
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#5 よい病院を見きわめるポイント
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#6 主治医の説得は可能か
  • 医師面談で医師を説得しようとするリスク
  • 転院をリスクなく行うために
  • 交通事故でもし後遺障害が残った場合
  • etc.

1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。
一日一通のペースでメールが届きます。

(C)2013ジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ)

カテゴリー
お客様の声/事例紹介 医者が分かってくれない 検査を受けたい 治療・病院・医師にまつわる問題

病院の態度が冷たくて通院がつらいとおっしゃる方へ

医師の態度が冷たいのは、交通事故の場合、何も珍しいことではありません。

大体数の医師や看護師は、交通事故患者を嫌っています。

交通事故被害者の立場からは、自由診療だから儲かっていいじゃないか、と言いたいところですが、それ以上に嫌がられるのが交通事故患者です。

 

もう診察でストレスを溜めることはなくなります

行政書士前田修児 「紹介先の医師は優しくて説明も分かり易かった。」と喜びの声を沢山頂戴しています。

「医師の態度に不満を持ったため」というのが一番多いご依頼理由で、「優しかった。」「分かり易かった。」
というのが感想として最多です。

診察でストレスをためて欲しくない。

私がこの仕事をしている理由はまさにこの点です。

私自身、交通事故を経験し、この点でストレスを溜めました。

そして、そのせいで中途半端な解決をしてしまい後悔を残しました。

かえって体調を崩す被害者も

ストレスを溜めるような診察では治るケガも治らなくなってしまいます。

ある被害者は、「テレビで有名なドクターにかかったが、横柄な態度に気分も体調も悪くした。」と言っておられました。

例え高名な医師であっても、不満を抱えながらの通院は、かえってよくありません。

信頼でき、人当たりのよい先生に見てもらうべきです。

 

医師の態度が冷たく感じるなら、病院紹介をご利用下さい

私たちは、協力医を紹介する交通事故被害者サポートを提供しています。

交通事故だからといって冷たい態度を取らない医師を希望する被害者のためのサポートです。

もし、今の主治医に不満・不安がある方は是非ともご利用下さい。

カテゴリー
医者が分かってくれない 検査を受けたい 治療・病院・医師にまつわる問題

活路を見い出した交通事故被害者

手前味噌で恐縮です。

しかし、あなたも知っておかれると損はないと思うので以下の事例をご紹介します。

先日、私どものアドバイスにより新たに治療・検査方針を見いだした方がいらっしゃいました。

ずっと整形外科にかかっておられ、自覚症状の多くを原因不明と言われ続けていた交通事故被害者です。

話を伺うと、整形外科ではなく神経内科のある専門領域の先生にかかると活路が見いだせそうな気がしました。

それをお伝えすると、さっそく自力で条件に合致する病院の先生を見つけだし診察を受けられました。

予想した通りの診察結果となり、詳しく検査を進めていくことが決まったことから、私どものアドバイスに感動されたという連絡を頂戴しました。

せっかくなので、ここをご覧になった交通事故被害者の皆さまには自分のこととして覚えておいて欲しいのですが、医療の世界では、医師同士の横の連携を期待してはいけません。

医師の横のつながりは無いと思っておかれるのが賢明です。

たとえ総合病院であってもです。

同じ診療科なら医師同士のつながりはかろうじてあるかも知れませんが、専門分野が似通っていることがほとんどです。それではあまり意味がありませんよね。そして、他科となるとますます横のつながりはありません。

こうした現状を踏まえて、交通事故被害者は立ち振る舞わなければならないと心がけてください。

そして、適切な診断・検査を受けるようにしてください。さもなければ、正しい治療も補償も受けられません。

カテゴリー
後遺障害全般に関する知識 検査を受けたい 治療・病院・医師にまつわる問題

オープン型MRIについて

京都にお住まいの閉所恐怖症の方に朗報です!

京都御所の近くの病院にオープン型のMRIが設置されていることが

分かりました。

MRIが苦手な方でも大丈夫だと思いますよ。