カテゴリー
お知らせ

痛みを分かってもらうためにすべきこと

JIKONAVI情報2013

医者がわかってくれない

isya-j

交通事故の解決において、負った怪我の痛みをわかってもらうことは大変重要です。

誰に分かってもらうかというと、最終的には保険会社ですが、まず必要な相手は医者です。

医者にわかってもらえないと、保険会社も分かってくれません。

というより、その場合、保険会社には分かる必要性がなくなります。

少しでも支払いを抑制したいのが保険会社ですから、痛みを分かる必要がなければ、自ら積極的に分かろうとする必要性が生じません。

交通事故被害者にとって重要なのは、医者に痛みをわかってもらうことです。

医者の協力姿勢

ここで医者の協力姿勢が問われます。

医者には医学的に妥当な範囲において自由な判断が委ねられています。

その範囲内であれば保険会社に有利な判断もできれば、交通事故被害者に有利な判断をすることも可能です。

貴方の主治医はどうでしょうか?

医学的に妥当な範囲で交通事故被害者に有利な判断をしてくれるタイプの医師ですか?

もし、そうでなく、そのままその医者にかかりつづけたら、きっと不満の残る解決が待っています。

医者選びは大変重要です。

保険会社との交渉を頑張るよりも、医者選びを頑張った方がきっと良い解決が待っています。

重視すべき箇所を見誤らないようにしてください。

 

 

カテゴリー
お知らせ

椎間板ヘルニアの手術など、脊椎専門医の手配できます

JIKONAVI最新情報2013

脊椎専門医の手配できます

wiget_keiyou2

交通事故では、椎間板ヘルニアの手術を受けるべき状態であっても受けられない場合があります。

たとえ交通事故被害者が手術を希望したとしてもです。

その理由は、椎間板ヘルニアと交通事故の因果関係の解釈に幅があるためです。

その幅は広く、

同じ交通事故被害者の症状であっても因果関係を肯定する医師もいれば、

否定する医師もいます。

180度ことなる解釈が医学的妥当性をもって成り立つこともあります。

 

もちろん、保険会社にとっては好ましいのは否定する医師です。

ヘルニアと交通事故の因果関係を否定できれば手術代を払わなくて済む上に、

治療を早期に打ち切ることも可能となるためです。

 

一方、交通事故被害者にとって好ましいのは肯定する医師です。

理由はもちろん治療が受けられためです。

 

こちらの写真はイメージです。
こちらの写真はイメージです。

当事務所では、交通事故被害者にとって好ましい判断をしてくれる脊椎専門医の紹介を行っております。

医学的に妥当な範囲で手術適用と判断されれば、ご本人の希望のもと、手術を受けていただけます。

頚椎・腰椎椎間板ヘルニアの手術を希望される方はお気軽にお問い合わせ下さい。

無料メール講座のご案内

お問い合せやご相談の前にご利用下さい。

mail_kouza590

「頚椎椎間板ヘルニアで希望通り解決する方法」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

「頚椎椎間板ヘルニアで希望通り解決する方法」編の主な内容

  • 失敗する交通事故被害者が多い頚椎椎間板ヘルニア
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#1
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#2
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#3 画像所見
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#4 因果関係
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#5 外傷性
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#6
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#7 医師との対話
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#8 転院
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#1
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#2
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#3
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#4
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#5
  • 二度目の認定は得られるか
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#1
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#2
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#3
  • etc.

1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。

一日一通のペースでメールが届きます。

(C)2013ジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ)