メニュー 閉じる

カテゴリー: 慰謝料

交通事故といえば慰謝料、と言われるほどよく知られた言葉が慰謝料です。法律的な意味合いは、精神的苦痛への補償です。金額は、交通事故の場合には、入院・通院の日数と期間、後遺障害等級により決まります。注意すべきは、本来の慰謝料の意味と、実際に支払われる金額はあまり関係がないということです。たとえば、一歩も動けないほど痛みを抱えて辛い思いをしたとしても、入院・通院を一日もしなければ慰謝料はゼロ円と言われてしまいます。後遺障害が残っても同様です。病院に行かなければゼロ円です。慰謝料の決め手は病院の通い方に尽きます。法律にどう書いてあろうとも、結局は病院の通い方によって決まるのが慰謝料です。法律と現実との間に大きなギャップがあることを忘れてはいけません。