カテゴリー
ケガ/部位別・後遺障害等級 手首の後遺障害 肘の後遺障害 肩の後遺障害 膝の後遺障害 骨盤骨の後遺障害

大変珍しい「併合5級」 併合→相当→併合

ご本人様より特別に許可を戴き掲載しております。
許可無き転載・転用等は固く禁じます。

本文

提出の医証および再調査結果等により、検討の結果、

1,左肩関節運動可動域低下について、左上肢画像上、左上腕骨に骨折像が認められ、今回の交通外傷後、右肩関節運動可動域の4分の3以下に制限されていることより、自賠責上の後遺障害第12級6号に該当するものと判断します。

2,左肘関節運動可動域低下について、今回の交通外傷後、右肘関節運動可動域の2分の1以下に制限されていることより、自賠責上の後遺障害第10級10号に該当するものと判断します。

3,左手関節運動可動域低下について、今回の交通外傷後、右手関節運動可動域の4分の3以下に制限されていることより、自賠責上の後遺障害第12級6号に該当するものと判断します。

4,上記1,2,3は併合の方法により第9級相当に該当します。

5,左手指可動域低下について、今回の交通外傷後、「1手の5手指の用を廃したもの」と捉えられることより、自賠責の後遺障害第7級7号に該当するものと判断します。

6,上記4よ5は併合の方法により第6級相当に該当します。

7,左座骨神経痛との訴えについて、今回の交通外傷後、「左下肢にがん固な神経症状を残すもの」と捉えられ、自賠責上の後遺障害第12級12号に該当するものと判断します。

8,左足関節運動可動域低下について、左股関節脱臼骨折後、左足関節拘縮により、参考可動域の4分の3以下に制限されていることより、自賠責上の後遺障害第12級7号に該当するものと判断します。

9,右足関節運動可動域制限について、右股関節脱臼骨折後、右足関節拘縮により、参考可動域の4分の3以下に制限されていることより、自賠責上の後遺障害第12級7号に該当するものと判断します。

10,上記6,7,8,9により、併合第5級とします。

11,右股関節および両膝関節運動可動域制限について、それぞれ、左股関節運動可動域および膝関節参考可動域の4分の3以下を超えていることより、自賠責上の後遺障害には該当しません。

考察

珍しい手書き

まず、手書きというのが珍しいです。

手書きのものは毎年数件目にしますが、

これだけの長文というのはこれが初めてでした。

珍しい併合→相当→併合

同一系統の後遺障害等級は、一旦、併合の方法で「相当等級」がつけられます。

今回の場合、左肩・左肘、左手(手首)に後遺障害等級がそれぞれ認定されました。

それらが同一系統の後遺障害であることから、左腕全体(肩から手首)に対して9級という相当等級が付けられました。

次いで、左手指に7級7号が認定されたことから、

左上肢全体(肩から指先にかけて)に対して、

先の相当9級と7級が併合され、

6級という相当等級がつけられました。

そして、他の部位にも13級以上の後遺障害等級が認定されたことから、

先の相当6級と併合され、併合5級という後遺障害等級が認定されました。

最終的には併合5級です。

複雑怪奇な認定方法に戸惑われるでしょうが、

実は基本に忠実な認定に過ぎません。

同一系統の後遺障害等級には相当等級がつけられるという基本通りの認定です。

珍しい最重度等級

脳損傷や脊髄損傷という中枢神経の後遺障害をのぞき、

外傷で5級というのは最も重い後遺障害等級です。

これ以上重い認定は、多くのケースで調整が働き等級を下げられます。

調整の理由は主に、「切断した場合と比較し、それより重い後遺障害等級にはできないから」というものです。

これには賛否両論ありまして、

賛成派は「切断以上に重い後遺障害はない」と言い、

反対派は「機能障害や痛みの原因を抱え続ける方が辛い」と言います。

賛成派の言い分はもっともです。

ところが、反対派の言い分にももっともな点があります。

特に、反対派の言い分を支える根拠として、

重度のCRPS(難治性疼痛の一種)があります。

CRPSの痛みは相当酷いものらしく、心から「切断した方がまし」と思えるものだそうです。

全てのケースでCRPSやそれに匹敵する痛みを抱えるわけではないので、

おおかたのケースで賛成派の意見に賛成です。

しかし、特殊なケースも適切に評価されるのが理想ですから、

ケースバイケースの認定が求められます。

そして、結局、基本に戻ります。

つまり、専門医による診断や、証拠能力の高い検査結果の重要性に回帰するということです。

無料メール講座のご案内

お問い合せやご相談の前にご利用下さい。

mail_kouza590

「転院を使いこなして、解決を成功させる方法」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

主な内容

  • 交通事故ならではの、2大転院リスク
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#1 転院のリスクを減らす
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#2 交通事故被害者を医師が嫌うわけ
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#3 手のひらを返されるリスク
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#4 転院しないリスク
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#5 よい病院を見きわめるポイント
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#6 主治医の説得は可能か
  • 医師面談で医師を説得しようとするリスク
  • 転院をリスクなく行うために
  • 交通事故でもし後遺障害が残った場合
  • etc.

1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。
一日一通のペースでメールが届きます。

(C)2013ジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ)

カテゴリー
ケガ/部位別・後遺障害等級 手首の後遺障害

後遺障害各論  手首の骨折・ケガ

手首の骨は複雑に入り組んでいて,その分立証も複雑です。

交通事故によって手首にケガを負った場合,関節の機能障害として後遺障害等級の認定が受けられる場合があるのですが,今回はその中でも,特に多く経験した例を紹介したいと思います。

【事例】
手首の骨折によって,骨の形状が元通りにならなかった場合は,可動域測定さえ正確に行われれば問題はほとんどないのです。

しかし,

問題が起こるのは,骨折面はきれいに治っているのに可動域に障害が残る場合です。

同じ事は,骨折でなくとも可動域に障害が残る場合にもあてはまります。

そして,問題とは,

「可動域の障害を裏付けるだけの他覚的所見がない」という口実を等級認定機関に与えてしまう

ことを指します。

では,どうしたらよいのか?

医学的な他覚的所見を求め,考え得る検査を実施していくことになります。

まずは,MRI撮影です。

【ワンポイントアドバイス】

それでも所見が得られないことがおおいので,次は,可能性のある検査を試行錯誤的に実施していくことになります。これは,治すための医療とはニュアンスが違います。医師は治すことが使命であって,治らなくなった後遺症の証明ではありません。そのため,普通に治療をうけているだけでは,他覚的所見にまで辿り着くことはないのです。このことは,他の障害にも当てはまる一般論ですが,手首のケガでは特に多く経験します。

【当事務所にはこのような方が相談にこられます】
・手首には現に障害があるのに非該当になった。異議申立は可能か?
・医者から可動域はそのうちに治ると言われたが,もう1年以上治っていない。後遺障害等級に該当する?

実施すべき検査の詳細は,事案によって異なります。

カテゴリー
手首の後遺障害 治療・病院・医師にまつわる問題

手首をケガした方へ。後遺障害等級の認定が得やすくなります

後遺障害等級の認定が得やすい装具が得られるようになります

交通事故で手首を痛めてしまった方へ。

以下の写真をご覧ください。
剣道の小手のよう装具です。

 


手首をすっぽりと覆うタイプの装具です。

このような重々しい装具が出されていると簡易的なサポーターが出されている時よりも後遺障害等級の認定上は有利です。

なお、色は選べるのでご安心を。

カテゴリー
ケガ/部位別・後遺障害等級 手首の後遺障害

バイクの交通事故でよくあるTFCC損傷

TFCC損傷(三角繊維軟骨複合体損傷)


あなたがもし、バイクに乗っていて交通事故にあったのなら、TFCC損傷を発症しているかも知れません。

バイクや自転車の交通事故でよく発生するケガです。

TFCC損傷は手首の損傷

手首の曲げ伸ばしがし辛くなったり、ドアノブを回す動作がし辛くなっていれば、TFCC損傷の可能性が高まります。

何ヶ月も経っているのに手首の痛みが治らない場合には、主治医にTFCC損傷の可能性がないか尋ねて下さい。

骨の異常ではありません

骨に異常がなくても、この病名が診断されることは十分にあります。

TFCC損傷は、レントゲンでは分かりません。

軟骨や靱帯の軟部組織の損傷だからです。

レントゲンには写りません。

MRI検査が必要です。

しかも、手首は小さな骨が集まってできているので非常に複雑で、

MRIを見ても自信をもって診断できない医師もいます。

TFCC損傷が見逃されやすい原因の一つです。

交通事故被害者にとって注意が必要な場面です。

また、程度に応じて手術対象になることもあります。

手術を受ける際には専門医にかかることを強くお勧めします。

さらに、後遺障害等級が認定されるのは、TFCC損傷と診断されるだけでは不十分です。装具の必要性や手首の可動域、前腕の動き(回内・回外運動)、手首の動揺性といった点を診断書に書いてもらう必要があります。