メニュー 閉じる

カテゴリー: 相談

豊かな家庭生活は、経済的な豊かさ・家族の健康・心の満足が満たされて初めて実現されますが、これらは偶発的な出来事に脅かされています。例えば、世帯主に万一のことがあった場合、家族は大きな悲しみに加え、収入が途絶え、明日からの生活にも困ってしまうことになります。保険制度は、加害者が保険料を支払い、万一の場合には、保険会社が保険金を支払うことを約束する制度です。交通事故被害者は、その保険制度により、上記のような悲しみや収入の途絶え、明日からの生活といった不安に備えることができるのです。ところが、それは理想論に過ぎません。現実には、大企業である保険会社と一個人に過ぎない交通事故被害者との間では、知識量も経験値も桁違いの差があります。つまり、交通事故被害者は圧倒的不利な立場に立たされているのです。この現実から目を背けると、保険会社の言いなりの示談書に判子を押してしまうという悲惨な結果を招きます。交通事故被害者には、正確な知識を身につけ、また、使える相談は上手に使い示談に備えることをお勧めします。さらに、必要なのは知識だけではないかも知れません。分かっただけではどうにもならないこともあります。その辺りの見極めができるようになることも、交通事故被害者に求められる知識の一部です。