カテゴリー
ケガ/部位別・後遺障害等級 手首の後遺障害 肘の後遺障害 肩の後遺障害 膝の後遺障害 骨盤骨の後遺障害

大変珍しい「併合5級」 併合→相当→併合

ご本人様より特別に許可を戴き掲載しております。
許可無き転載・転用等は固く禁じます。

本文

提出の医証および再調査結果等により、検討の結果、

1,左肩関節運動可動域低下について、左上肢画像上、左上腕骨に骨折像が認められ、今回の交通外傷後、右肩関節運動可動域の4分の3以下に制限されていることより、自賠責上の後遺障害第12級6号に該当するものと判断します。

2,左肘関節運動可動域低下について、今回の交通外傷後、右肘関節運動可動域の2分の1以下に制限されていることより、自賠責上の後遺障害第10級10号に該当するものと判断します。

3,左手関節運動可動域低下について、今回の交通外傷後、右手関節運動可動域の4分の3以下に制限されていることより、自賠責上の後遺障害第12級6号に該当するものと判断します。

4,上記1,2,3は併合の方法により第9級相当に該当します。

5,左手指可動域低下について、今回の交通外傷後、「1手の5手指の用を廃したもの」と捉えられることより、自賠責の後遺障害第7級7号に該当するものと判断します。

6,上記4よ5は併合の方法により第6級相当に該当します。

7,左座骨神経痛との訴えについて、今回の交通外傷後、「左下肢にがん固な神経症状を残すもの」と捉えられ、自賠責上の後遺障害第12級12号に該当するものと判断します。

8,左足関節運動可動域低下について、左股関節脱臼骨折後、左足関節拘縮により、参考可動域の4分の3以下に制限されていることより、自賠責上の後遺障害第12級7号に該当するものと判断します。

9,右足関節運動可動域制限について、右股関節脱臼骨折後、右足関節拘縮により、参考可動域の4分の3以下に制限されていることより、自賠責上の後遺障害第12級7号に該当するものと判断します。

10,上記6,7,8,9により、併合第5級とします。

11,右股関節および両膝関節運動可動域制限について、それぞれ、左股関節運動可動域および膝関節参考可動域の4分の3以下を超えていることより、自賠責上の後遺障害には該当しません。

考察

珍しい手書き

まず、手書きというのが珍しいです。

手書きのものは毎年数件目にしますが、

これだけの長文というのはこれが初めてでした。

珍しい併合→相当→併合

同一系統の後遺障害等級は、一旦、併合の方法で「相当等級」がつけられます。

今回の場合、左肩・左肘、左手(手首)に後遺障害等級がそれぞれ認定されました。

それらが同一系統の後遺障害であることから、左腕全体(肩から手首)に対して9級という相当等級が付けられました。

次いで、左手指に7級7号が認定されたことから、

左上肢全体(肩から指先にかけて)に対して、

先の相当9級と7級が併合され、

6級という相当等級がつけられました。

そして、他の部位にも13級以上の後遺障害等級が認定されたことから、

先の相当6級と併合され、併合5級という後遺障害等級が認定されました。

最終的には併合5級です。

複雑怪奇な認定方法に戸惑われるでしょうが、

実は基本に忠実な認定に過ぎません。

同一系統の後遺障害等級には相当等級がつけられるという基本通りの認定です。

珍しい最重度等級

脳損傷や脊髄損傷という中枢神経の後遺障害をのぞき、

外傷で5級というのは最も重い後遺障害等級です。

これ以上重い認定は、多くのケースで調整が働き等級を下げられます。

調整の理由は主に、「切断した場合と比較し、それより重い後遺障害等級にはできないから」というものです。

これには賛否両論ありまして、

賛成派は「切断以上に重い後遺障害はない」と言い、

反対派は「機能障害や痛みの原因を抱え続ける方が辛い」と言います。

賛成派の言い分はもっともです。

ところが、反対派の言い分にももっともな点があります。

特に、反対派の言い分を支える根拠として、

重度のCRPS(難治性疼痛の一種)があります。

CRPSの痛みは相当酷いものらしく、心から「切断した方がまし」と思えるものだそうです。

全てのケースでCRPSやそれに匹敵する痛みを抱えるわけではないので、

おおかたのケースで賛成派の意見に賛成です。

しかし、特殊なケースも適切に評価されるのが理想ですから、

ケースバイケースの認定が求められます。

そして、結局、基本に戻ります。

つまり、専門医による診断や、証拠能力の高い検査結果の重要性に回帰するということです。

無料メール講座のご案内

お問い合せやご相談の前にご利用下さい。

mail_kouza590

「転院を使いこなして、解決を成功させる方法」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

主な内容

  • 交通事故ならではの、2大転院リスク
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#1 転院のリスクを減らす
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#2 交通事故被害者を医師が嫌うわけ
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#3 手のひらを返されるリスク
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#4 転院しないリスク
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#5 よい病院を見きわめるポイント
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#6 主治医の説得は可能か
  • 医師面談で医師を説得しようとするリスク
  • 転院をリスクなく行うために
  • 交通事故でもし後遺障害が残った場合
  • etc.

1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。
一日一通のペースでメールが届きます。

(C)2013ジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ)

カテゴリー
膝の後遺障害

私(前田)の左膝MRI

左膝の痛みが続くためMRIを撮影してきました

私(前田)は、3月初旬より左膝に痛みが続くため、MRIを撮影してきました。

クリックすると拡大します

写真左:内側半月板の損傷像

写真右:腸脛靱帯炎

内側半月板損傷はO脚の宿命です・・・

交通事故でも頻発している内側半月板損傷ですが、O脚の持ち主にとっては宿命のようなものです。

ついにやってきました、といったところです。

 

腸脛靱帯炎はいわゆる「ランナー膝」

腸脛骨靱帯炎とは、太ももから膝の外側を通ってスネの骨(脛骨)につながる靱帯の炎症のことで、別名ランナー膝と言います。

膝の曲げ伸ばしを繰り返す中で発症するもので、私の場合はサイクリングのしすぎということでしょう。。。

交通事故が原因になることはまず考えられません。

当面、無理な運動は自粛します。

 

【参考サイト】

膝のオーバーユース

ランニングや、本格的な陸上競技をされている方々など、

走るということに関して一生懸命になっておられる方は、

ついつい膝のオーバーユースをおこしがちです。

一見、膝の痛みなので関節の中に原因があるように思われがちですが、

実は、関節の周りにある筋肉や靭帯の炎症であることが多いのです。

ですので、膝の周りに起こりうるオーバーユース症候群(使いすぎ症候群)について、

以下で御紹介していきたいと思います。

引用元: 膝のオーバーユース.

カテゴリー
お客様の声/事例紹介 ケガ/部位別・後遺障害等級 膝の後遺障害

異議申立で非該当から12級13号へ

ポイントを押さえた後遺障害診断書で異議申立は通りやすくなります

同じケガを負っても結果はこれだけ変わってきます。

非該当になってしまった時の後遺障害診断書
12級13号が認定された時の後遺障害診断書

プライバシーの関係上拡大画像をご覧頂くことはできませんが、非該当の診断書と12級になった診断書とで、文字数にほぼ違いがないことはお分かり戴けると思います。つまり、診断書の善し悪しは文字数ではないということです。

異議申立の成否で重要なのはポイントを押さえているかどうか

診断書の文字数はさほど問題ではなく、ポイントをおさえた内容になっているかどうかです。

MRIの結果もポイントの一つです

後十字靱帯が腫れあがっています!

 

MRIの結果、靱帯の肥大が確認できました。これによって、ポイントの一つを押さえることができました。

異議申立の準備

その他のポイントも押さえるべく、あれこれと検査・診察の手配を実施し後遺障害診断書を仕上げていきました。

靱帯損傷なので動揺性ももちろんチェックしました

動揺性もチェックしましたが幸いなことに(異議申立上は有意な所見でないという意味で残念なことに)大丈夫でした。

この時点で異議申立の目標は12級13号にきまりました

いざ異議申立

異議申立を実施し、しばらくの後に結果が帰ってきました。

結果は12級13号。

非該当から12級13号へ。

私もご本人も大変喜んだ瞬間でした。

異議申立はポイントをおさえた後遺障害診断書で成功率が格段に上がります

異議申立をお考えの方は当事務所までお気軽にご相談ください

 

 

カテゴリー
ケガ/部位別・後遺障害等級 膝の後遺障害

膝関節 半月板損傷

当初の診断が、単なる「打撲」であったとしても等級認定の可能性はあります

交通事故で膝打撲と診断された場合でも,後遺障害等級の可能性はあります。
それは,単なる打撲でないことが検査により判明した場合です。
その代表格が,半月板損傷です。

あなたは,医師からは治ると言われているにも関わらず,痛みが続くことに疑問を感じていませんか?

もし疑問に感じておられるのなら,この半月板損傷を疑ってみるとよいかも知れません。

とはいえ,半月板損傷は,交通事故との因果関係が明確にはなりません。
年齢や体質による発症もあり得る病名だからです。
このことから,裁判沙汰を避けたいと思いながら診察をする医師なら,半月板損傷を疑ったとしても,あえて患者にその可能性を伝えないということが起こります。
しかし,事故後にはじめて膝の痛みが現れたのであれば,患者としては事故を原因と確信しているはずです。
その確信をどうにかして保険会社や等級認定機関に伝えたいものです。
そこで,半月板損傷を証明するための検査と診断が必要となるわけです。

半月板損傷の場合,14級9号,12級13号の可能性があります。

【ワンポイントアドバイス】

半月板損傷は,MRI検査により明確になります。
MRI検査は,他の怪我の場合にも繰り返し言っていることですが,他の医療機関,且つ,放射線科の専門医による診断を得られるようにすることが肝心です。
放射線科の医師が目を通すことにより,見落としの可能性が減ってくれるのが第一点です。
そして,医師の多くは,多忙な業務の中,難しいMRIの診断にプレッシャーを感じています。
例えとして想像して頂きたいのですが,正常と異常のどちらとも判断できる画像を見た場合に,無用な心配は与えまいとする心理からあえて「正常ですよ。」と言いたくなる医師の心理が想像できるのではないでしょうか。
あるいは,異常と言われると過剰に反応する患者が少なからずいるものですから,医師としてはなるべく異常と言いたくない,という心理が働くのもわかるのではないでしょうか。
さらには,異常と言った場合には,正常といった場合以上に説明が必要となり,診察時間を長くしてしまうからなるべく避けたい,という医師の心理も予想できるのではないでしょうか?
しかし,患者としては,あえて診断されなかったり,見落としされてしまったのでは,たまったのものではありません。
そこで,画像の診断と,診察してくれる医師とは別の方がよいのです。
こうした観点から,MRI検査は,主治医のいる病院ではなく他の病院,かつ放射線科の専門医のいる病院での検査が望ましいというわけです。

【当事務所にはこのような方が相談に来られます】

膝の痛みについて主治医の説明に納得できない。

  • 膝の痛みをどうにかして立証できないか?
  • 膝の痛みは何級に該当する?
カテゴリー
ケガ/部位別・後遺障害等級 検査を受けたい 膝の後遺障害

膝のぐらつき感を立証するためのストレスレントゲン撮影によって後遺障害等級が認定されやすくなります

前十字靱帯、後十字靱帯、内側側副靱帯、外側側副靱帯


膝MRI画像


膝・内反/外反ストレス撮影の様子


膝・後方ストレス撮影の様子

膝の動揺関節

交通事故により膝を受傷し,靱帯をのばした場合(靱帯損傷・靱帯断裂など)には,膝関節の動揺性・不安定性を後遺症として残す可能性があります。

こうした後遺症のことを,動揺関節とよびます。

膝関節には主に4つの靱帯が存在し,よほど筋力が優れた方でない限り,いずれか一つの損傷または断裂でも,動揺性・不安定性は生じます。そして, 靱帯の回復は骨や筋肉のように早くはないため(それでも時間はかかりますが),後遺症を残す確率が高くなります。

認定の可能性がある後遺障害等級・・・ 8級7号・10級11号・12級7号

【ワンポイントアドバイス】

膝の動揺関節が,後遺障害等級として認定されるためのポイントは靱帯損傷(または断裂)の証明と,動揺性のレベルをの証明の2点です。よく見かける失敗例は,前者のみの立証しかしていないというケースです。この失敗は非常に多く見かけます。膝の靱帯損傷は後遺症を残して当たり前,という医師らの認識が現れているのかも知れません。つまり,等級認定機関なら靱帯損傷というだけで後遺症が残ることを理解してくれて,後遺障害診断書に詳しく書かなくても十分に理解して等級認定してくれるもの,というふうに医師らは考えているかも知れないということです。

しかし,現実は違います。

「後遺障害診断書に書かれていないことは後遺障害等級の対象にならない!」のですから,認定されることはありません。非該当や軽い等級の通知を受けた被害者は「あれ?どういうこと?」と首をかしげるのです。何度も繰り返し言いますが,後遺障害は立証しなければ意味がありません。動揺性のレベルの証明も欠かすことはできないのです。 動揺性のレベルは,ストレスXP撮影や装具の要否に関する所見により証明されます。これらを欠かさず検査・診断してもらい,後遺障害診断書に書いてもらうことが重要です。

【当事務所ではこのような対応が可能です】

不安定性(=動揺性)を立証するために必要な検査の手配が可能です。

  • 検査実施のための病院紹介を実施します。
  • ジコナビが所有するストレス撮影を行うための機材を持ち込み、検査を実施してもらいます(参照:下写真)

内側側副靱帯損傷・断裂の場合の撮影方法


後十字靱帯損傷・断裂の場合の撮影方法
この機材があることで、ストレス撮影の精度(質)と信頼性が高まります。

無料メール講座のご案内

お問い合せやご相談の前にご利用下さい。

mail_kouza590

「転院を使いこなして、解決を成功させる方法」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

主な内容

  • 交通事故ならではの、2大転院リスク
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#1 転院のリスクを減らす
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#2 交通事故被害者を医師が嫌うわけ
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#3 手のひらを返されるリスク
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#4 転院しないリスク
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#5 よい病院を見きわめるポイント
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#6 主治医の説得は可能か
  • 医師面談で医師を説得しようとするリスク
  • 転院をリスクなく行うために
  • 交通事故でもし後遺障害が残った場合
  • etc.

1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。
一日一通のペースでメールが届きます。

(C)2013ジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ)

カテゴリー
膝の後遺障害

痛みの原因は?

沖縄にお住まいのKさんからお電話いただきました。

Kさんは自転車乗車中、大型の乗用車にはねられ膝蓋骨骨折を受傷されました。

ワイヤーで固定するオペを受けられ、骨癒合は得られましたが変形がみられ

膝痛が深刻な状態でした。

症状固定を迎え後遺障害診断書を書いてもらいましたが、ご本人は内容に納得がいかないご様子。

拝見してみますと、他覚的所見に筋力の低下や筋萎縮の所見が書かれているのみでした。

これでは骨折部痛で14級が認定されるのも危うい状態ですね。

レントゲン上、骨折所見がみられること、オペ施行の事実、変形癒合の事実等をしっかり他覚的所見欄に書いて頂くことが必要です。

症状固定の際にご本人に自覚症状として痛みが残存しているのであれば、その原因となっているのは何なのかを他覚的所見でしっかり示す、というのが最も基本的なアプローチの仕方になります。

 

無料メール講座のご案内

お問い合せやご相談の前にご利用下さい。

mail_kouza590

「膝の打撲で12級や10級もあり得る!」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

「膝の打撲で12級や10級もあり得る!」編の主な内容

  • 膝の打撲で動揺性関節?
  • 膝の靱帯損傷はこうやって確認する!
  • 膝関節の動揺性で後遺障害認定されるには?
  • 膝靱帯損傷を示唆する初診時の所見があったか?
  • 陳旧性って何?
  • 初診の遅れは致命的!
  • MRIで新しい靱帯損傷であることが確認されていることは必須!
  • 膝靱帯の完全断裂の場合は?
  • 膝靱帯の腫脹も後遺障害認定の可能性がある!
  • ストレスレントゲンで有意な左右差がみられること?
  • やる気のない医師にやってもらうのは危険!
  • 膝装具の作成と主治医の所見で等級が決まる!
  • 装具装着の必要性に関する所見で補強
  • 証明しにくいタイプの膝靱帯損傷もある
  • ゆるくなったゴムバンドみたい?
  • 拘縮を取り除くと膝グラグラに!
  • 12級ではないでしょう!
  • 労災事故なら労災を活用する手があった!
  • 労災に認定理由を開示させるテクニック
  • 膝の打撲で12級や10級の認定を目指して#1
  • 膝の打撲で12級や10級の認定を目指して#2
  • 膝の打撲で12級や10級の認定を目指して#3
  • etc.

1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。
一日一通のペースでメールが届きます。

(C)2013ジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ)

カテゴリー
膝の後遺障害

装具の装着の必要性の程度

膝の靱帯を完全に断裂された方からのご相談がありました。

MRIでも明確に断裂が確認されており、ストレスレントゲンでも動揺性が確認されていましたが

認定された等級は12級7号でした。

ご本人は10級相当と考えておられたようですが、よくよくお聞きしてみますと

後遺障害診断書に装具の装着の必要性の程度について

「重たい物を持つときやスポーツの時には必要」と記されているのでした。

これはまさに12級の認定基準「重激な労働等の際以外には硬性補装具を必要としないもの」を

書いてもらったことになりますので、12級認定は妥当ということになってしまいます。

この方の場合、本当は、「日常生活で随時装具装着が必要」と書いてもらうべきでしたが、

将来的にはオペも考えられるので、硬性装具を頻繁につけてしまうと

筋力が落ちてしまうので出来るだけ付けないでおこう、という医師の判断も働いたようです。

しかし、そのような背景の事情など認定機関が考慮してくれることなどあり得ません。

後遺障害診断書は、その時点での医学的事実を証明する診断書として後々ずっと影響を及ぼしますし

症状固定とはその状態が今後も継続することが当然見込まれるとの医学的判断であるわけですから

「あれは実は違っていて、本当はもっと重かったんです・・・」などという主張は自賠責の

レベルにおいては通用しないことを肝に銘じておかなければなりません。

 

専用機材による、膝ストレスレントゲン画像

無料メール講座のご案内

お問い合せやご相談の前にご利用下さい。

mail_kouza590

「膝の打撲で12級や10級もあり得る!」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

「膝の打撲で12級や10級もあり得る!」編の主な内容

  • 膝の打撲で動揺性関節?
  • 膝の靱帯損傷はこうやって確認する!
  • 膝関節の動揺性で後遺障害認定されるには?
  • 膝靱帯損傷を示唆する初診時の所見があったか?
  • 陳旧性って何?
  • 初診の遅れは致命的!
  • MRIで新しい靱帯損傷であることが確認されていることは必須!
  • 膝靱帯の完全断裂の場合は?
  • 膝靱帯の腫脹も後遺障害認定の可能性がある!
  • ストレスレントゲンで有意な左右差がみられること?
  • やる気のない医師にやってもらうのは危険!
  • 膝装具の作成と主治医の所見で等級が決まる!
  • 装具装着の必要性に関する所見で補強
  • 証明しにくいタイプの膝靱帯損傷もある
  • ゆるくなったゴムバンドみたい?
  • 拘縮を取り除くと膝グラグラに!
  • 12級ではないでしょう!
  • 労災事故なら労災を活用する手があった!
  • 労災に認定理由を開示させるテクニック
  • 膝の打撲で12級や10級の認定を目指して#1
  • 膝の打撲で12級や10級の認定を目指して#2
  • 膝の打撲で12級や10級の認定を目指して#3
  • etc.

1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。
一日一通のペースでメールが届きます。

(C)2013ジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ)

カテゴリー
ケガ/部位別・後遺障害等級 膝の後遺障害

膝関節打撲の被害者の立証をコーディネートした経験

スーパーの駐車場で歩行中に自動車にひかれた被害者の話です。


バンパーが膝に当たり受傷。

診断名は、「右膝関節打撲症」でした。

半年後、後遺症の認定は非該当でした。

その結果に納得いかず異議申立方法を求めて相談にこられました。

事故後に通った病院は一箇所だけで、その病院にあたったことが不運の始まりでした。

MRIの設備はなく、かといって他院への紹介はしてくれず、リハビリも全て病院内で行うよう指示されました。

囲い込まれたしまったのです。

ある規模の病院ではよくあることです。

交通事故の患者から治療費をかせぐことに一生懸命で、転院のチャンスを与えてくれません。その結果、膝の専門医に診てもらうチャンスが得られず、また、MRI検査すら実施されずに症状固定を迎えることになったのでした。

異議申立のためには、少なくともMRI撮影が必要です。

また、MRIで靱帯損傷が見つかればストレス撮影という検査も必要です。

そして、これらの検査手配と診断書までのコーディネートを依頼され、結果的に異常所見が揃いました。

新たな後遺障害診断書を得て異議申立を実施、無事に異議申立を成功させることができました。

右膝の靱帯損傷に対し、12級7号の認定です。

もうお分かりかと思いますが、
運び込まれた病院の当たり外れに被害者は翻弄させられます。ご注意ください。

無料メール講座のご案内

お問い合せやご相談の前にご利用下さい。

mail_kouza590

「膝の打撲で12級や10級もあり得る!」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

「膝の打撲で12級や10級もあり得る!」編の主な内容

  • 膝の打撲で動揺性関節?
  • 膝の靱帯損傷はこうやって確認する!
  • 膝関節の動揺性で後遺障害認定されるには?
  • 膝靱帯損傷を示唆する初診時の所見があったか?
  • 陳旧性って何?
  • 初診の遅れは致命的!
  • MRIで新しい靱帯損傷であることが確認されていることは必須!
  • 膝靱帯の完全断裂の場合は?
  • 膝靱帯の腫脹も後遺障害認定の可能性がある!
  • ストレスレントゲンで有意な左右差がみられること?
  • やる気のない医師にやってもらうのは危険!
  • 膝装具の作成と主治医の所見で等級が決まる!
  • 装具装着の必要性に関する所見で補強
  • 証明しにくいタイプの膝靱帯損傷もある
  • ゆるくなったゴムバンドみたい?
  • 拘縮を取り除くと膝グラグラに!
  • 12級ではないでしょう!
  • 労災事故なら労災を活用する手があった!
  • 労災に認定理由を開示させるテクニック
  • 膝の打撲で12級や10級の認定を目指して#1
  • 膝の打撲で12級や10級の認定を目指して#2
  • 膝の打撲で12級や10級の認定を目指して#3
  • etc.

1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。
一日一通のペースでメールが届きます。

(C)2013ジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ)

カテゴリー
ケガ/部位別・後遺障害等級 膝の後遺障害

交通事故で膝の靱帯を損傷したあなたへ。ストレス撮影のご紹介。

交通事故で膝の靱帯を痛め、後遺症を残した時に役立つ検査。

ストレスレントゲン撮影。


後遺障害等級を決定づける重要な証拠に。
ストレス撮影はすごい!


このような状態でレントゲン撮影を行っています。

膝の靱帯損傷で後遺症の認定を受けたい時に役立つ検査です。

普通のレントゲンと異なり、力を加えながら撮影するのが特徴です。

これにより、膝の動揺性(不安定性)を客観的に証明できます。

無料メール講座のご案内

お問い合せやご相談の前にご利用下さい。

mail_kouza590

「膝の打撲で12級や10級もあり得る!」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

「膝の打撲で12級や10級もあり得る!」編の主な内容

  • 膝の打撲で動揺性関節?
  • 膝の靱帯損傷はこうやって確認する!
  • 膝関節の動揺性で後遺障害認定されるには?
  • 膝靱帯損傷を示唆する初診時の所見があったか?
  • 陳旧性って何?
  • 初診の遅れは致命的!
  • MRIで新しい靱帯損傷であることが確認されていることは必須!
  • 膝靱帯の完全断裂の場合は?
  • 膝靱帯の腫脹も後遺障害認定の可能性がある!
  • ストレスレントゲンで有意な左右差がみられること?
  • やる気のない医師にやってもらうのは危険!
  • 膝装具の作成と主治医の所見で等級が決まる!
  • 装具装着の必要性に関する所見で補強
  • 証明しにくいタイプの膝靱帯損傷もある
  • ゆるくなったゴムバンドみたい?
  • 拘縮を取り除くと膝グラグラに!
  • 12級ではないでしょう!
  • 労災事故なら労災を活用する手があった!
  • 労災に認定理由を開示させるテクニック
  • 膝の打撲で12級や10級の認定を目指して#1
  • 膝の打撲で12級や10級の認定を目指して#2
  • 膝の打撲で12級や10級の認定を目指して#3
  • etc.

1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。
一日一通のペースでメールが届きます。

(C)2013ジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ)