メニュー 閉じる

カテゴリー: 複数 加害者事故

複数の加害者がいる交通事故ことを「共同不法行為」と言います。それぞれの加害者が自動車を運転していた場合、自賠責保険がその人数分合算されて適用されます。たとえば、自賠責保険の支払限度額は120万円ですが、加害者が複数(共同不法行為)の場合には、240万円、360万円・・・と、自賠責保険の数だけ増えていきます。また、時期の異なる交通事故が2件、3件と起きた場合も同様に、加害者の人数に応じて、自賠責保険の支払限度額は増えていきます。たとえば、一つ目の事故の通院中に二つ目の事故にあう場合などです。そして、後遺障害等級に対して支払われる自賠責保険金も同様に増えていきます。たとえば、14級が認定されると自賠責保険から75万円が支払われるところ、適用される自賠責保険の数に応じて150万円、225万円・・・と増えていきます。もっとも、損害賠償額の総額が増えるわけではないことにご注意下さい。全体の額に影響はありません。しかしながら、メリットはあります。自賠責保険から支払われる額が増えると、反比例するように、任意保険からの支払いが減ります。そのため、任意保険会社の抵抗は少なくなります。交通事故被害者が泣き寝入りする一番の原因は任意保険会社の言いなりで示談することです。その可能性が低くなるのですから、共同不法行為は被害者に有利と言えるでしょう。