カテゴリー
ケガ/部位別・後遺障害等級 手首の後遺障害 肘の後遺障害 肩の後遺障害 膝の後遺障害 骨盤骨の後遺障害

大変珍しい「併合5級」 併合→相当→併合

ご本人様より特別に許可を戴き掲載しております。
許可無き転載・転用等は固く禁じます。

本文

提出の医証および再調査結果等により、検討の結果、

1,左肩関節運動可動域低下について、左上肢画像上、左上腕骨に骨折像が認められ、今回の交通外傷後、右肩関節運動可動域の4分の3以下に制限されていることより、自賠責上の後遺障害第12級6号に該当するものと判断します。

2,左肘関節運動可動域低下について、今回の交通外傷後、右肘関節運動可動域の2分の1以下に制限されていることより、自賠責上の後遺障害第10級10号に該当するものと判断します。

3,左手関節運動可動域低下について、今回の交通外傷後、右手関節運動可動域の4分の3以下に制限されていることより、自賠責上の後遺障害第12級6号に該当するものと判断します。

4,上記1,2,3は併合の方法により第9級相当に該当します。

5,左手指可動域低下について、今回の交通外傷後、「1手の5手指の用を廃したもの」と捉えられることより、自賠責の後遺障害第7級7号に該当するものと判断します。

6,上記4よ5は併合の方法により第6級相当に該当します。

7,左座骨神経痛との訴えについて、今回の交通外傷後、「左下肢にがん固な神経症状を残すもの」と捉えられ、自賠責上の後遺障害第12級12号に該当するものと判断します。

8,左足関節運動可動域低下について、左股関節脱臼骨折後、左足関節拘縮により、参考可動域の4分の3以下に制限されていることより、自賠責上の後遺障害第12級7号に該当するものと判断します。

9,右足関節運動可動域制限について、右股関節脱臼骨折後、右足関節拘縮により、参考可動域の4分の3以下に制限されていることより、自賠責上の後遺障害第12級7号に該当するものと判断します。

10,上記6,7,8,9により、併合第5級とします。

11,右股関節および両膝関節運動可動域制限について、それぞれ、左股関節運動可動域および膝関節参考可動域の4分の3以下を超えていることより、自賠責上の後遺障害には該当しません。

考察

珍しい手書き

まず、手書きというのが珍しいです。

手書きのものは毎年数件目にしますが、

これだけの長文というのはこれが初めてでした。

珍しい併合→相当→併合

同一系統の後遺障害等級は、一旦、併合の方法で「相当等級」がつけられます。

今回の場合、左肩・左肘、左手(手首)に後遺障害等級がそれぞれ認定されました。

それらが同一系統の後遺障害であることから、左腕全体(肩から手首)に対して9級という相当等級が付けられました。

次いで、左手指に7級7号が認定されたことから、

左上肢全体(肩から指先にかけて)に対して、

先の相当9級と7級が併合され、

6級という相当等級がつけられました。

そして、他の部位にも13級以上の後遺障害等級が認定されたことから、

先の相当6級と併合され、併合5級という後遺障害等級が認定されました。

最終的には併合5級です。

複雑怪奇な認定方法に戸惑われるでしょうが、

実は基本に忠実な認定に過ぎません。

同一系統の後遺障害等級には相当等級がつけられるという基本通りの認定です。

珍しい最重度等級

脳損傷や脊髄損傷という中枢神経の後遺障害をのぞき、

外傷で5級というのは最も重い後遺障害等級です。

これ以上重い認定は、多くのケースで調整が働き等級を下げられます。

調整の理由は主に、「切断した場合と比較し、それより重い後遺障害等級にはできないから」というものです。

これには賛否両論ありまして、

賛成派は「切断以上に重い後遺障害はない」と言い、

反対派は「機能障害や痛みの原因を抱え続ける方が辛い」と言います。

賛成派の言い分はもっともです。

ところが、反対派の言い分にももっともな点があります。

特に、反対派の言い分を支える根拠として、

重度のCRPS(難治性疼痛の一種)があります。

CRPSの痛みは相当酷いものらしく、心から「切断した方がまし」と思えるものだそうです。

全てのケースでCRPSやそれに匹敵する痛みを抱えるわけではないので、

おおかたのケースで賛成派の意見に賛成です。

しかし、特殊なケースも適切に評価されるのが理想ですから、

ケースバイケースの認定が求められます。

そして、結局、基本に戻ります。

つまり、専門医による診断や、証拠能力の高い検査結果の重要性に回帰するということです。

無料メール講座のご案内

お問い合せやご相談の前にご利用下さい。

mail_kouza590

「転院を使いこなして、解決を成功させる方法」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

主な内容

  • 交通事故ならではの、2大転院リスク
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#1 転院のリスクを減らす
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#2 交通事故被害者を医師が嫌うわけ
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#3 手のひらを返されるリスク
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#4 転院しないリスク
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#5 よい病院を見きわめるポイント
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#6 主治医の説得は可能か
  • 医師面談で医師を説得しようとするリスク
  • 転院をリスクなく行うために
  • 交通事故でもし後遺障害が残った場合
  • etc.

1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。
一日一通のペースでメールが届きます。

(C)2013ジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ)

カテゴリー
ケガ/部位別・後遺障害等級 その他 骨盤骨の後遺障害

仙骨を骨折

仙骨骨折

今回ご紹介する画像は、仙骨骨折後12級13号の認定を得た被害者のCT画像です。

(ご本人の特別の許可をもらい掲載しています。)

仙骨は脊柱の一部か骨盤の一部かという論争がありましたが、交通事故の後遺障害の分野では骨盤の一部ということで結論が出ています。

そのため、骨盤骨折という病名が確認された時点で、11級7号(脊柱の変形)や8級2号(脊柱の運動制限)といった後遺障害等級の可能性はありません。

6年ほど前には8級2号が認定された事案を担当したことがありますが、その後の改正でなくなりました。

仙骨骨折の最新ニュースといえばこちらではないでしょうか。

ツールドフランスという言葉くらいは皆様聞いたことがあると思いますが、その優勝候補の一人が仙骨骨折により出場できなくなるというニュースです。

当初は骨折を免れたと見られていたが、精密検査の結果、脊椎下部に位置する仙骨のセグメントS3を骨折していたことが判明。医師によると完治には4〜6週間かかり、必然的にツール・ド・フランスの出場は不可能となる。

引用元: ドーフィネで落車したアンディ・シュレクが仙骨を骨折 ツール欠場を発表 | cyclowired.

カテゴリー
ケガ/部位別・後遺障害等級 骨盤骨の後遺障害

仙骨骨折で12級13号認定 大阪府Nさん

仙骨骨折で考えられる後遺障害等級は?

仙骨はかつて脊柱の一部として取り扱われいましたが、交通事故の後遺障害の世界では、骨盤骨の一部という取扱がなされるようになりました。

そのため、交通事故で仙骨骨折をおった場合、まず最初に考えられ後遺障害等級は、

  • 「鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい奇形を残すもの」としての12級5号、
  • 「局部に頑固な神経症状を残すもの」としての12級13号
  • 「局部に神経症状を残すもの」としての14級9号

の3つです。

どの等級が有利?

どの等級が慰謝料や示談に有利かと言えば、まずは14級よりも12級です。

そして、12級のどちらが有利かと言えば、12級13号の方が有利と言えます。

12級5号は、骨の変形に対する後遺障害等級の認定であり、痛みや運動制限といった症状に対する認定ではありません。

症状に対する認定でないため、症状の有無が等級に現れないことを意味します。

そのため、逸失利益が生じることを改めて証明しなくてはならないことになります。

もっとも、12級13号の「局部に頑固な神経症状を残すもの」と、12級5号の「鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい奇形を残すもの」の両方が認定されるケースでは、号数の小さな12級5号が単独で認定されることになります。

そのことが後遺障害等級の認定通知書添付の理由書面に記載されていれば、証明の手間は省けます。

ちまたには「同じ等級なら号数が小さい方が有利」、というデマがありますが、今回のように必ずしもそうではないケースもあります。ご注意を。

目標を12級13号と定め、検査手配・後遺障害診断書サポートを実施

目標通り12級13号に認定を得ることが出来ました。

今回ご紹介したNさんの骨折は仙骨の中でも端の方を骨折したものであり、もともと「著しい奇形」12級5号を目指せるようなものではありませんでした。そのため、目標を12級13号と定めていました。

今回のケースは、丁寧な立証がなければおそらく14級9号にされていたことが予想されます。

仙骨の骨折は、他の骨盤骨(腸骨など)と比べると軽微な扱いを受けやすいため注意が必要な怪我と言えます。

 

カテゴリー
お客様の声/事例紹介 ケガ/部位別・後遺障害等級 頚椎捻挫(ムチウチ)&腰椎捻挫の後遺障害 骨盤骨の後遺障害

ご本人様より特別な許可を戴きご紹介しています

併合10級が認定され2,000万円に

交通事故の直後に「むち打ち(頚椎捻挫)」と診断され、その後、手術などを経て最終的に2000万円もの示談金を手にした事例をご紹介します。

後遺障害の認定結果

併合10級

内訳

「脊柱に変形を残すもの」として11級7合意

「局部に頑固な神経症状を残すもの」として12級13号

「骨盤骨に著しい変形を残すもの」として12級5号

ここがポイント

ある手術を受けたこと

手術なしでは12級13号すら不可能だったでしょう。

理屈の上では、手術を受けない方が重い症状が残るため、重い後遺障害等級の可能性が高まります。

しかし、実際にはその逆で、同程度のヘルニアをもつ方々は、一番軽い後遺障害等級である14級9号しか認定されていません。

違いを決定付けたのは、ある手術を受けたことです。

ここが凄い!(否、間違っているというべきかも知れません)

ある手術を受けたこと。

その手術によって症状は緩和されたのに、なぜか重い等級が認定されました。

もちろん、そうなることを知った上で治療を受けてもらいました。

ご本人より頂戴した声

確かに、手術を受けることは大変です。

勇気も必要です。

しかし、「長い目で見れば、症状が緩和されることは仕事を続ける上でも有効ですし、後遺障害等級が高く認定されることで得られる賠償金額も大きくなるメリットがあります。」

被害者自身の声です。

難しいのはここ!

ある手術を、誰でも簡単には受けられないということ!

その手術は希望すれば誰でも受けられるというものではありません。

交通事故の場合、多くの医師は患者に積極的に関わることを嫌がるからです。

特に、首・腰の手術には消極的です。

それは、因果関係の問題が起こりやすいためです。

その結果、交通事故以外の患者になら手術を勧めるケースでも、交通事故の患者にだけは勧めない、ということが起こります。

医師に負担をかけない工夫

私たちはこの道の専門家として、医師に負担をかけない方法を知っています。その結果、

交通事故だからという理由で嫌がらない医師をご紹介できます!

私たちの事務所では、医師との連携がございます。

そして、その中には脊椎専門医もおり、手術適用の患者様には交通事故だからという理由だけで手術を拒否することはございません。

それはもちろん、私たちが医師に迷惑をかけない方法を熟知しているからです。

回復と慰謝料UPの両立を目指したい方へ

あなたが、もし、事例のような解決を希望されるのでしたら、是非、ジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ)までお問い合せ下さい。病院紹介を中心としたサポートで徹底的に治療効果と慰謝料UPの最大化をお手伝いさせて戴きます。

また、むち打ち以外のお怪我にも幅広く対応できますので、お気軽にお問い合せ下さい。

電話06-6136-6011 火-土 10時-18時

お問い合せフォーム

mail_kouza590

「頚椎椎間板ヘルニアで希望通り解決する方法編」

無料メール講座事故マイスターメール講座

無料メール講座入力フォーム
無料。1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。

「頚椎椎間板ヘルニア編」の主な内容

  • 失敗する交通事故被害者が多い頚椎椎間板ヘルニア
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#1
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#2
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#3 画像所見
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#4 因果関係
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#5 外傷性
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#6
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#7 医師との対話
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#8 転院
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#1
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#2
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#3
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#4
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#5
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#1
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#2
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#3
  • etc.
カテゴリー
骨盤骨の後遺障害

第12級5号骨盤骨の変形

頚腰椎捻挫で固定術のオペが施行された場合、

脊柱の固定に腸骨(骨盤の骨)が採取され使用されることがあります。

今回もそのようにして第12級5号の認定がなされました。

認定基準では、骨盤骨の著しい変形は「裸体となったとき、変形が明らかにわかる程度のものをいい、

変形がエックス写真によって、はじめて発見し得る程度のものは該当しない」とされていますが

実際の認定実務においては、固定術に伴って採取されたことが明確であり、採取部がレントゲン上はっきりしている場合

骨盤骨の変形として認められている場合が多々ありますので

主治医に後遺障害診断書に記載してもらうことが肝要です。

見落とされ易いポイントなので要注意です。

固定術による脊柱の変形11級+腸骨採取による骨盤骨の変形12級=併合10級というパターンがよく見られます。