カテゴリー
その他

交通事故証明書の入手

交通事故証明書の入手

タイミング

警察内での処理に日数を要する関係で、

事故から一週間から10日ほど経たないと申請しても発行してもらえません。

方法(1)郵便局

郵便局にて料金を支払うことで約二週間後に事故証明書が送られてきます。

用紙は警察署に置いてあるので、事前に入手しておく必要があります。

方法(2)自動車安全運転センター

自動車安全運転センター(いわゆる、免許センター)でも申請可能です。

同一都道府県内の交通事故であれば、即日受け取ることが可能です。

急いでいる場合には、この方法をオススメします。

 

カテゴリー
その他

決め手に欠けていませんか?

示談書にはんこを押す瞬間がいずれやってきます。

その瞬間を想像されたことはありますか?

その瞬間に、交通事故解決はすべて終了します。

そして、同時に、成功と失敗も確定します。

同じ事故、同じ怪我なのに、ある人は数百万円を手に入れ、ある人はたったの数万円しか手に入れられません。

その決め手が何なのか、ご存じでしょうか?

それは病院選びです。

しかし、病院選びって難しいですよね?

行ってみないと分かりませんし、行っても正解かどうか結局のところ確信が持てません。

本当に難しいと思います。

また、手術を受けるとすれば尚更で、ますます難しい選択をせまられます。

絶対に、平均以下の力量の医師から手術を受けたいとも思いませんよね?

とてもじゃないけど、怖くて受けられないはずです。

しかし、力量さえ良ければ症状は最小限に緩和するのはまちがいありません。

その上で、ここからが重要なポイントです。

医師によって治りが良くなるのはもちろんですが、実は、慰謝料も大幅に変化するのです。

受けた治療によって、慰謝料が大幅に上がるようになっているのです。

もし、どなたにも、公平に、そのチャンスがあるとしたら、その方法を採用したいと思いませんか?

チャンスは全ての人に公平にあります。

ただし、それは最初だけです。

事故から日が経つにつれて、チャンスは消えていきます。

最初の病院選びを誤るとチャンスは縮小し、いつまでもその病院に通い続けると、ついにチャンスは消えてしまいます。

結論:病院選びは重要です

病院選びにはコツがあります。
それについては、また後日触れたいと思います。

カテゴリー
その他

2012年8月19日京都市左京区で発生した市バスと乗用車の交通事故

京都市左京区で発生した市バスと乗用車の交通事故

本日、京都新聞朝刊に、次のような交通事故の発生を伝える記事がありました。

「市バスが車と衝突」

京都市左京区にて、19日夜8時半頃、市バスと乗用車が衝突する交通事故がありました。

京都府警川端警察署によると、市バスは停留所から出発したところでした。

バス運転手は「先に車線に入れると思った。」との供述をしています。

バスの乗客30人にけがはありませんでした。

という記事ですが、実は、私(前田)も現場にいました。

その際に撮影したのがこちらの写真。

暗くて分かりにくいかも知れませんが、事故現場の雰囲気を感じて頂けるのではないでしょうか。

被害者の早期回復を願います。

カテゴリー
その他

【台風4号】本日は2時に営業を終了します 2012-6-19

台風4号による影響が懸念されるため、本日は午後2時をもって事務所の営業を終了します。

明日は通常取り午前10時より営業開始する予定です。

お急ぎの方申し訳ありませんが、明日10時以降にご連絡をお願い申し上げます。

ジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ) 拝

カテゴリー
ケガ/部位別・後遺障害等級 その他 骨盤骨の後遺障害

仙骨を骨折

仙骨骨折

今回ご紹介する画像は、仙骨骨折後12級13号の認定を得た被害者のCT画像です。

(ご本人の特別の許可をもらい掲載しています。)

仙骨は脊柱の一部か骨盤の一部かという論争がありましたが、交通事故の後遺障害の分野では骨盤の一部ということで結論が出ています。

そのため、骨盤骨折という病名が確認された時点で、11級7号(脊柱の変形)や8級2号(脊柱の運動制限)といった後遺障害等級の可能性はありません。

6年ほど前には8級2号が認定された事案を担当したことがありますが、その後の改正でなくなりました。

仙骨骨折の最新ニュースといえばこちらではないでしょうか。

ツールドフランスという言葉くらいは皆様聞いたことがあると思いますが、その優勝候補の一人が仙骨骨折により出場できなくなるというニュースです。

当初は骨折を免れたと見られていたが、精密検査の結果、脊椎下部に位置する仙骨のセグメントS3を骨折していたことが判明。医師によると完治には4〜6週間かかり、必然的にツール・ド・フランスの出場は不可能となる。

引用元: ドーフィネで落車したアンディ・シュレクが仙骨を骨折 ツール欠場を発表 | cyclowired.

カテゴリー
その他

平成23年版交通安全白書が公表されました(内閣府発表資料)

交通安全白書が公表されました

平成23年までの統計がまとめられています。

これによると、交通事故死者数は減少傾向が続いており、ピーク時との比較で約1/4に減少しました。

死者数の中で高齢者がしめる割合が約半数を占める中で、16歳から24歳の若年層の死者数は平成元年頃をピークに急激に減少していることが分かります。

また、負傷者数も前年比約5%のマイナスであり、減少傾向が続いています。7年連続の減少です。

事故発生件数に至っては、19年ぶりに70万件を下回りました。

交通事故の減少が顕著に示されています。

これらの主な要因として示されている根拠として、次の要因が挙げられます。

  • シートベルト着用者率の向上
  • 事故直前の車両速度の低下
  • 飲酒運転等悪質・危険性の高い事故の減少
  • 歩行者の法令遵守

 

その他、

  • 平成22年度交通事故の状況及び交通安全施策の現況
  • 平成23年度交通安全施策に関する計画
  • 平成22年度交通事故の状況及び交通安全施策の現況
などが掲載されています。

引用元: 平成23年版交通安全白書 全文(PDF版) – 内閣府.

 

カテゴリー
その他

交通事故相談  保険代理店の皆様へ

保険代理店の方もご相談ください

当事務所では、保険代理店の方からのご相談およびご依頼をお受けしています。ぜひ、ご相談下さい。

  • お客様の事故の相手方が任意保険未加入の場合、
  • お客様に過失割合がない10:0の交通事故のため、お客様自身が事故処理をしなければならない場合等、

自賠責保険会社への請求が解決の中心となるケースでお役に立ちます。

また、特に、後遺障害(後遺症)の可能性がある場合においては、お客様自身での対応は困難であり、 専門的支援が必要です。

お客様が後遺障害診断のために専門性の高い検査や評価を必要とする場合や、かかっている病院の先生との相性が悪く後遺障害診断書に協力的でない場合に、ご相談ください。

当事務所では、単なる交通事故相談だけではなく、病院紹介や検査手配も可能です。

そのようなニーズをお持ちの保険代理店の皆様を支援しています。

ぜひ、ご相談下さい。

 

カテゴリー
その他

「居眠り運転」少年供述 京都府亀岡の児童ら10人死傷事故 – 中国新聞

4/23(月)、痛ましい事故が起こりました。

事故現場である京都府亀岡市は多くのご相談・ご依頼を戴き何度も足を運んだ地域でです。一日経った今でもとても人ごととは思えない心境です。

被害に遭われたご家族の皆様へ心よりお悔やみ申し上げます。また、怪我をされた皆様の早期回復をお祈りいたします。

「居眠り運転」少年供述 京都府亀岡の児童ら10人死傷事故 京都府亀岡市の府道で集団登校中の小学生ら10人の列に車が突っ込んだ事故で、自動車運転過失傷害の疑いで現行犯逮捕された亀岡市の自称無職の少年(18)が「居眠りしていた」という趣旨の供述をしていることが23日、京都府警への取材で分かった。現場にブレーキ痕もなかった。

引用元: 「居眠り運転」少年供述 京都府亀岡の児童ら10人死傷事故 – 中国新聞.

カテゴリー
その他

豆知識 交通事故と指輪

【豆知識】 交通事故と指輪の話しです。

指輪の話しと言っても、ロマンチックなお話ではなく、実用的なお話です。

もし、交通事故にあって指をぶつけた場合には直ちに指輪を外しましょう。

突き指程度にぶつけた場合もです。

指輪をした指が腫れだすと、もう二度と、元の形のまま指輪を外すことは出来なくなります。

指輪をしたままでは腫れはおさまりません。

そのため、指輪をなんとしても外さなくてはならないのですが、そこで選択される方法は、指輪の切断です。

大事な指輪であっても切断しなくてはなりません。

そのため、腫れが酷くなる前に、事故直後に、指輪は外しましょう。

カテゴリー
その他

未経験の舞台に挑戦 (高次脳機能障害)

本人:「芝居が最高のリハビリになっている。」

この方が事故にあわれたのは、かれこれ 10 年くらい前です。

しばらく意識が戻らず、生死の境をさまよう大きな事故でした。

事故概要と後遺症

バイク vs トラック

バイクで赤信号のため停止していたところ、

トラックに追突されました。

病名

脳挫傷、びまん性軸索損傷

後遺症

意識が回復してから、次のような症状が現れました。

  • 感情のコントロールがきかない
  • 記憶障害
  • 平衡機能障害

退院後も状態はよくならず、自宅にて暴れだすこともありました。

その内何度かは家族だけでは手に負えず、警察を呼ぶこともありました。

リハビリは一生涯続きます

その後少しずつ状態は回復し、約 3 年経過したところで後遺障害の認定を受け、賠償問題を解決しました。

しかし、賠償問題が片付いたからと言って、頭部外傷後の後遺症が改善されるわけではありません。

障害を克服するためのリハビリはまだまだ続きます。リハビリとしてご本人が選択したのが劇団への
加入でした。

これまで芝居を経験したことはなく、まったく新しい挑戦でした。

色々な苦労があったはずですが、「よいリハビリになっている。」とご本人はおっしゃいます。

平成22年7月1日 舞台公演

平成 22 年 7 月 1 日、
私は 初めてその方の舞台を見に行ったのですが、

セリフを流ちょうに話し重要な役をしっかりとこなしておられる姿に驚かされました。

かつて、感情のコントロールがきかずに怒り出す姿はすざましいものがありました

常に不安定で、とても演劇の稽古について行けるとは思えない状態でした。

あれから 5 年ほどが経ち、久しぶりにお目にかかったのが 今回の舞台でした。

舞台で活躍する姿はとても頭部外傷後の後遺症の被害者には見えず、
それをみたときは涙が出そうになりました。

セリフをおぼえるのはきっと大変だっと思います。

感情のコントロールがきかないことで、

劇団員ともギクシャクしたことがあったのかも知れません。

しかし、舞台後にお話しする機会があたのですが、
そのときの表情は見たことがないほど晴れやかなものでした。

ご本人の「よいリハビリになっている。」というのは、
本心からそう思っての言葉だったのだと思います。

是非とも多くの方に知ってもらいたいと思います。

当時の症状を知る者にとって今回の舞台での姿はたいへんな驚きでした。

ご本人からは、
「頭部外傷後の後遺症のご家族やご本人のためにできることはしたい。」
という言葉ももらえています。

リハビリの方法でお悩みの方は、是非一度お問い合わせ下さい。

きっと役立つ情報が得られると思います。

ご興味をお持ちになった方は、一度当事務所までご連絡ください。