メニュー 閉じる

カテゴリー: 労災保険

もし、交通事故が仕事中や通勤中に起こったなら、労災保険が適用されます。労災保険が適用されると、(1)労災先行か自賠先行かという問題、(2)自賠打ち切り後の労災適用の可否、(3)後遺症認定の先後関係、(4)三者届けの必要性、(5)求償の仕組み、などなど考えなければならないことが一気に増えます。しかし、労災が適用される方が有利な面もあります。つまり、手続が複雑になるけれども、補償は厚くなります。もっとも、被害者の都合だけで動いてしまうと、自賠・労災・病院・任意保険の間でたらい回しにされ、いっこうに前に進まないということも起こります。こちらのカテゴリーでは、労災保険をめぐる諸問題について、具体例を取り上げながら分かりやすく解説しています。