カテゴリー
後遺障害全般に関する知識

理不尽な認定

Aさんは、事故で腰椎捻挫を受傷し、馬尾神経の圧迫も見られ足が下垂している状態でしたので

腰椎ヘルニアの手術をしました。

 

初回の後遺障害申請では、術後に残っている足の痛みやしびれは他覚的所見に乏しいとされましたが

事故との因果関係は認められ14級9号が認定されていました。

とはいえ症状はかなりはっきりと残っていたため、神経そのものが痛んでいることが疑われ

電気生理学的検査によって神経の損傷を裏付ける医学的証拠を揃えて12級13号を目指して異議申立を行いました。

 

ところが、結果は前回同様の14級のまま。

 

認定理由には、オペをする前にかかっていた病院(第一次診)に医療照会したところ

事故当日の他覚的所見はなしとされていること、神経学的所見も異常なしとされているという点が挙げられていました。

それで腰椎ヘルニア由来の神経の不可逆的損傷があることは認めるが、そもそも腰椎ヘルニア由来の症状と

事故との因果関係は認めない、オペも事故由来の症状に対するものとは認めない、

だが残存している痛みに関しては14級は認めるという、なんとも理不尽な認定になってしまったのです。

 

もし今回の認定の論旨が一貫したものであるなら、初回認定の際に第一次診の所見を指摘し

非該当という判断になっていたのではないでしょうか?

Aさんには腰椎ヘルニアの既往歴もなく、オペをされたドクターは脊椎専門の医師で事故との因果関係をしっかり肯定して下さっていました。

 

このように自賠責のレベルでは理不尽な認定がなされることが多々あります。

今回の認定は、一次診の所見が大きく立ちはだかり自賠責のレベルでは覆すことは出来そうにありませんが

一貫性とか他覚的所見とかいっている認定機関が、その場しのぎで恣意的な側面をもっていることを示すものと言えます。

カテゴリー
その他 労災保険

労災保険に対して、通院日数などの証明を出して欲しい時はどうすればよいでしょうか?

Q.労災保険に通院日数の証明になるものを出して欲しいのですがどうすればいいでしょうか?

A.労災保険に対して「証明願」を出すことで証明書類を発行してもらうことができます。


図:労災保険「証明願」の用紙

この用紙を使うケースとして考えられるのは、

・自賠責は使用せずに労災先行で治療を受け、且つ、休業損害を請求していない場合

がもっとも多いケースと思われます。

休業損害を請求していると、支払通知のハガキが届くので証明書として代用できることが可能だからです。

無料メール講座のご案内

お問い合せやご相談の前にご利用下さい。

mail_kouza590

「労災保険のメリット」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。
一日一通のペースでメールが届きます。

「労災保険のメリット」編の主な内容

  • 労災と自賠責、どちらをつかう?
  • 労災保険のメリットを使いこなす!#1 治療費編
  • 労災保険のメリットを使いこなす!#2 治療打ち切り対策編
  • 労災保険のメリットを使いこなす!#3 休業特別支給金
  • 労災保険のメリットを使いこなす!#4 特別支給金
  • 労災保険のメリットを使いこなす!#5 後遺障害認定
  • 労災保険のメリットを使いこなす!#6 フォロー制度
  • 会社が適用を渋る場合は?
  • 補償の大部分を希望通りいするために#1
  • 補償の大部分を希望通りいするために#2
  • 補償の大部分を希望通りいするために#3
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#1
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#2
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#3
  • etc.
カテゴリー
後遺障害全般に関する知識 検査を受けたい 治療・病院・医師にまつわる問題

オープン型MRIについて

京都にお住まいの閉所恐怖症の方に朗報です!

京都御所の近くの病院にオープン型のMRIが設置されていることが

分かりました。

MRIが苦手な方でも大丈夫だと思いますよ。

     

カテゴリー
頚椎捻挫(ムチウチ)&腰椎捻挫の後遺障害

12級13号のハードル

頸椎捻挫や腰椎捻挫で苦しんでいらっしゃる方にとって

自分の後遺障害認定が14級9号の認定に留まるのか、

あるいは12級13号に該当する可能性があるのかは大きな関心事のはずです。

最近12級13号が認められた方の認定理由は以下の様なものでした。

「提出の頚部画像上、C5/6 で左優位の脊髄圧迫所見が認められ、神経学的所見として、

左上肢の腱反射の低下等が認められていることから、

他覚的に神経系統の障害が証明されるものと捉えられる」

MRI画像所見で脊髄を圧迫するほどの椎間板の突出があるかどうかや、

神経学的検査の結果と整合性があるかどうかが重要視されていることがわかります。

そのどちらの要素が弱くても、12級13号の可能性は非常に小さくなります。

12級13号のハードルは非常に高いのが現実です。

mail_kouza590

「頚椎椎間板ヘルニアで希望通り解決する方法編」

無料メール講座事故マイスターメール講座

無料メール講座入力フォーム
無料。1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。

「頚椎椎間板ヘルニア編」の主な内容

  • 失敗する交通事故被害者が多い頚椎椎間板ヘルニア
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#1
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#2
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#3 画像所見
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#4 因果関係
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#5 外傷性
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#6
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#7 医師との対話
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#8 転院
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#1
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#2
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#3
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#4
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#5
  • 二度目の認定は得られるか
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#1
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#2
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#3
  • etc.
カテゴリー
既往歴や事故前の疾患 複数 加害者事故

異時共同不法行為

最近、続けて「異時共同不法行為」のご相談がありました。

「異時共同不法行為」とは、交通事故で治療中に、また交通事故に遭って同じ所を受傷した場合を

言います。

この場合、2件目の事故が発生した時点で、1件目の加害者からの賠償は打ち切られ、

2件目の事故の加害者が引き継ぐことになりますので、どちらかの加害者に賠償請求できる

という訳ではありません。

でも、後遺障害に関しては、両方の自賠責保険に請求できます。

別の事故ではなく、同一の事故とみなして、1つの後遺障害が認定されると考える訳です。

1つの後遺障害に対して自賠責保険が2本使えるので、頸椎捻挫で14級9号が認定された場合、

75万円×2となります。

カテゴリー
頚椎捻挫(ムチウチ)&腰椎捻挫の後遺障害

否定のあとに続く文言

まずは他覚的所見の存在をしっかり否定しておいて、

それに続く文言が14級9号の認定理由を明らかにしています。

 

「しかしながら、治療状況症状推移なども勘案すれば、

将来においても回復が困難と見込まれる障害と捉えられることから・・・

第14級9号に該当するものと判断します」

 

治療状況・・・通院実績と解釈できると思います。(もちろんそれだけではありませんが・・・)

痛みやしびれが実際に継続していれば、病院や整骨院でコンスタントに治療してもらうはずだという

常識的な判断が働いていると考えられます。

逆に、通院実績が月に1,2回しかないとか、1ヶ月全く通院していないといった場合は

その理由がいかなるものであっても認定上極めて不利な状況にあります。

 

症状推移・・・症状の一貫性と解釈できます。

事故直後より存在した症状が症状固定時まで一貫して残存していることが必要です。

経過診断書に、症状軽快したと書かれてしまうと認定の可能性はかなり低くなってしまいます。

診察時やリハビリの際には、しっかり自覚症状を伝え続けることが重要です。

カテゴリー
頚椎捻挫(ムチウチ)&腰椎捻挫の後遺障害

14級9号の認定理由はまず否定から・・・

頸椎捻挫や腰椎捻挫で後遺障害申請をする場合、

骨折などの明らかな事故由来の器質的損傷は無い場合が多いので

14級9号が認められる場合でも、認定通知書の別紙(理由書)の説明はまずは否定から入ってきます。

以下、頚椎捻挫で14級9号が認められた方の典型的な認定理由です。

「本件事故による骨折等の明らかな外傷性変化は認め難く、その他診断書等からも

症状の裏付けとなる客観的な医学的所見には乏しいことから、

他覚的に神経系統の傷害が証明されるとは捉えられません」

ここまでを読むと、自分は事故由来の症状でこんなにつらいのに、全否定か?

と思ってしまいますが、これに続く文言があるのです・・・(続く)

 

mail_kouza590

「頚椎椎間板ヘルニアで希望通り解決する方法編」

無料メール講座事故マイスターメール講座

無料メール講座入力フォーム
無料。1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。

「頚椎椎間板ヘルニア編」の主な内容

  • 失敗する交通事故被害者が多い頚椎椎間板ヘルニア
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#1
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#2
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#3 画像所見
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#4 因果関係
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#5 外傷性
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#6
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#7 医師との対話
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#8 転院
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#1
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#2
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#3
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#4
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#5
  • 二度目の認定は得られるか
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#1
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#2
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#3
  • etc.
カテゴリー
ケガ/部位別・後遺障害等級 頚椎捻挫(ムチウチ)&腰椎捻挫の後遺障害

頚椎捻挫とストレートネック

頚椎捻挫と診断され、その後、後遺障害等級14級9号が認定された方の画像を紹介します。


図:XP画像 ストレートネック

少し前のことですがこのような相談を受けました。

交通事故直後に撮影されたレントゲンの説明にて「骨に異常はありません。」と言われ、被害者本人は何も悪いところはないと思いホッとされていました。
しかし、交通事故にあってから4ヶ月が過ぎても首の痛みと手の違和感がなくならないことから後遺症の心配を持つようになり、インターネットで検索して当事務所のご相談にこられることになりました。

相談の結果、後遺障害等級の認定を視野にいれたサポートをお引き受けすることとになりました。

そして、交通事故から6ヶ月以上が経過した時点で後遺障害診断書を入手し、代理人として後遺障害等級の申請を行いました。

その結果、14級9号が認定されました。

この事例からお分かりの通り、医師から「異常はありません。」と言われたとしても後遺障害等級が認定されるケースは現にあります

これは、医師の考える異常と、後遺障害等級認定基準における異常の概念にズレがあるからですね。

症状が長引く方は一度当事務所までご相談ください。

mail_kouza590

「頚椎椎間板ヘルニアで希望通り解決する方法編」

無料メール講座事故マイスターメール講座

無料メール講座入力フォーム
無料。1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。

「頚椎椎間板ヘルニア編」の主な内容

  • 失敗する交通事故被害者が多い頚椎椎間板ヘルニア
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#1
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#2
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#3 画像所見
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#4 因果関係
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#5 外傷性
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#6
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#7 医師との対話
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#8 転院
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#1
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#2
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#3
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#4
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#5
  • 二度目の認定は得られるか
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#1
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#2
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#3
  • etc.
カテゴリー
治療・病院・医師にまつわる問題

治療と症状固定

事故で受傷しOPの可能性がある場合、たとえば膝の靱帯の損傷などの場合ですが

早期にOPを受けるか、それとも症状固定にしてOPは後から考えるか決定を迫られることがあります。

特にそのOPが難しく、明らかに症状が改善されると主治医さえも確信を持っていないOPの場合

治療の一貫として万人に共通の当然のプロセスというよりも

結局は本人がその治療法を選択するかどうかということになってきます。

ジコナビでは被害者の方に代わって決定を下すことは出来ませんが、

もし当面は症状固定として後遺障害認定を受け、その賠償金額をもってOPの費用に充てる

という選択をご本人がされた場合、

その方に残存している症状に見合った後遺障害等級の認定が受けられるようサポートしています。

OPを選択せず症状固定にすることを主治医に依頼することに気後れしてしまうという方が結構いらっしゃいます。

なんだか治療よりも賠償金獲得を優先していると思われるのではないか?と不安になってしまうのです。

しかし、

  1. OPのリスクもあり、OPの効果にも確信が持てないので決断できない
  2. OPに伴って長期間入院し休職することが現状では難しい
  3. 状況が整い、OPを受けようと決断した場合は主治医の先生にお願いしたいと思っている

こういった事情を説明して主治医の理解を求めることができるかもしれませんね。

もしそれまでの主治医が被害者の方の意向に理解を示して下さらない場合は

症状固定に至るプロセスの部分はジコナビ提携医でのフォローが可能かもしれません。

無料メール講座のご案内

お問い合せやご相談の前にご利用下さい。

mail_kouza590

「膝の打撲で12級や10級もあり得る!」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

「膝の打撲で12級や10級もあり得る!」編の主な内容

  • 膝の打撲で動揺性関節?
  • 膝の靱帯損傷はこうやって確認する!
  • 膝関節の動揺性で後遺障害認定されるには?
  • 膝靱帯損傷を示唆する初診時の所見があったか?
  • 陳旧性って何?
  • 初診の遅れは致命的!
  • MRIで新しい靱帯損傷であることが確認されていることは必須!
  • 膝靱帯の完全断裂の場合は?
  • 膝靱帯の腫脹も後遺障害認定の可能性がある!
  • ストレスレントゲンで有意な左右差がみられること?
  • やる気のない医師にやってもらうのは危険!
  • 膝装具の作成と主治医の所見で等級が決まる!
  • 装具装着の必要性に関する所見で補強
  • 証明しにくいタイプの膝靱帯損傷もある
  • ゆるくなったゴムバンドみたい?
  • 拘縮を取り除くと膝グラグラに!
  • 12級ではないでしょう!
  • 労災事故なら労災を活用する手があった!
  • 労災に認定理由を開示させるテクニック
  • 膝の打撲で12級や10級の認定を目指して#1
  • 膝の打撲で12級や10級の認定を目指して#2
  • 膝の打撲で12級や10級の認定を目指して#3
  • etc.

1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。
一日一通のペースでメールが届きます。

(C)2013ジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ)

カテゴリー
その他

地震被害に遭われた方にお見舞い申し上げます

世界最大級の地震が日本で発生しました・・・。

被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げますとともに、

救助活動や復興等が迅速になされますことをお祈りします。

阪神大震災のことが思い出されますが、今回はそれ以上の被害の

ようで、この先日本はどうなるのだろうかと、不安を抱いてしまいます。

今、私にできることは何か・・・?

せめて、募金だけででも協力させていただこうと、手続きをとってきました。

これからも、少しずつさせてもらおうと思っています。

上町断層帯の上に住んでいる私にとっても

決して「対岸の火事」ではないのですから。