カテゴリー
膝の後遺障害

痛みの原因は?

沖縄にお住まいのKさんからお電話いただきました。

Kさんは自転車乗車中、大型の乗用車にはねられ膝蓋骨骨折を受傷されました。

ワイヤーで固定するオペを受けられ、骨癒合は得られましたが変形がみられ

膝痛が深刻な状態でした。

症状固定を迎え後遺障害診断書を書いてもらいましたが、ご本人は内容に納得がいかないご様子。

拝見してみますと、他覚的所見に筋力の低下や筋萎縮の所見が書かれているのみでした。

これでは骨折部痛で14級が認定されるのも危うい状態ですね。

レントゲン上、骨折所見がみられること、オペ施行の事実、変形癒合の事実等をしっかり他覚的所見欄に書いて頂くことが必要です。

症状固定の際にご本人に自覚症状として痛みが残存しているのであれば、その原因となっているのは何なのかを他覚的所見でしっかり示す、というのが最も基本的なアプローチの仕方になります。

 

無料メール講座のご案内

お問い合せやご相談の前にご利用下さい。

mail_kouza590

「膝の打撲で12級や10級もあり得る!」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

「膝の打撲で12級や10級もあり得る!」編の主な内容

  • 膝の打撲で動揺性関節?
  • 膝の靱帯損傷はこうやって確認する!
  • 膝関節の動揺性で後遺障害認定されるには?
  • 膝靱帯損傷を示唆する初診時の所見があったか?
  • 陳旧性って何?
  • 初診の遅れは致命的!
  • MRIで新しい靱帯損傷であることが確認されていることは必須!
  • 膝靱帯の完全断裂の場合は?
  • 膝靱帯の腫脹も後遺障害認定の可能性がある!
  • ストレスレントゲンで有意な左右差がみられること?
  • やる気のない医師にやってもらうのは危険!
  • 膝装具の作成と主治医の所見で等級が決まる!
  • 装具装着の必要性に関する所見で補強
  • 証明しにくいタイプの膝靱帯損傷もある
  • ゆるくなったゴムバンドみたい?
  • 拘縮を取り除くと膝グラグラに!
  • 12級ではないでしょう!
  • 労災事故なら労災を活用する手があった!
  • 労災に認定理由を開示させるテクニック
  • 膝の打撲で12級や10級の認定を目指して#1
  • 膝の打撲で12級や10級の認定を目指して#2
  • 膝の打撲で12級や10級の認定を目指して#3
  • etc.

1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。
一日一通のペースでメールが届きます。

(C)2013ジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ)

カテゴリー
後遺障害全般に関する知識

後遺障害診断書はどの先生に書いてもらわなければならないか?

事故後の治療で複数の病院を受診している場合、どこの病院で後遺障害診断書を書いてもらうかという問題が出てきます。

順当なのは、初期から継続して主に診察してくださった医師に書いていただくということになるかと思います。

事故以後の初期からの症状の経過や検査結果を踏まえた上で書いていただけますので、内容のある後遺障害診断書が期待できるはずです。

途中から短期間しか診察していない医師は、本人の症状の経過もわかりませんし、そもそも事故由来の症状なのか確信を持てない状況にありますから、気合いが入りにくい状況であると言えます。

認定機関も初期から診察した医師の診察・検査所見を当然重視します。

・・・というのは理想論で、初期から治療に当たってくださった先生が、いざ症状固定の時期になって後遺障害診断書の記載をお願いしたところ、急に態度が硬くなってしまった、というケースは多々報告されています。

悲惨なのは患者さんです。6ヶ月もそれ以上もがんばって信頼して通ったのに、症状はしっかり残っているのに後遺障害診断書は書けないと言われたり、他の病院にいまさらながら振られたり・・・

ですから、患者さんの側も賢く振る舞って、万一後遺障害が残った場合、後遺障害診断書をきちんと書いてくださるかを事故後早い段階から上手に確認しておくことが必要だと考えます。

もし後遺障害には関心がないとか否定的であることがハッキリしたなら、後遺障害の立証に協力的な医師を捜すことが必要になってくるかもしれませんね。

ジコナビはその点でお力になれると考えています。

後遺障害診断書はどの先生に書いてもらう?

答えは、医学的に妥当な所見を偏見なくしっかり後遺障害診断書に反映してくださる先生にお願いする、でした!

カテゴリー
警察(事故証明書)関係

交通事故証明書4

交通事故証明書が必要な場合、被害者本人が申請して取り寄せることができますが、

ご自分の加入されている自動車保険「事故証明取得サービス」が附帯していれば

面倒な手続きをしなくても無料で取り寄せてもらうことが可能ですので確認してみることができます。

または、加害者側の任意保険会社が治療費を支払ってくれている状況では、

加害者側の任意保険会社に交通事故証明書の原本確認(原本に相違ありませんというスタンプを押してもらうこと)されたコピーを送ってもらうという方法もあります。

カテゴリー
警察(事故証明書)関係

交通事故証明書3

交通事故証明書は警察が発行するものではなく、

警察から提供された証明資料に基づいて、自動車安全運転センターが交付する証明書です。

申請方法は、

  1. 直接各都道府県の自動車安全運転センターに出向いて、窓口で申請用紙に記入し手数料を沿えて提出・申請する方法
  2. 郵便振替による申込みの方法
  3. 自動車安全運転センターのホームページの申請フォーム(http://www.jsdc.or.jp/certificate/accident/quest10.html)から申し込む方法

があります。

上記①②の窓口申請用紙や郵便振替申請用紙は、自動車安全運転センター事務所のほか、警察署・交番・駐在所等でも入手することが出来ます。

☆以下は、自動車安全運転センター提供の窓口申請用紙の見本です。

☆以下は、自動車安全運転センター提供の郵便振替申請用紙の見本です。

カテゴリー
警察(事故証明書)関係

交通事故証明書2

交通事故証明書から何がわかるのでしょうか?

まず、事故発生の日時や場所、人身事故扱いになっているか物件事故扱いになっているかが確認出来ます。

あなたが交通事故被害者でケガをされた場合、あなたの名前は大抵乙の方に挙がっているはずです。

甲の方には、加害者の氏名等が記載されていますし、加害者の契約している自賠責保険会社と証明書番号が記載されています。

相手方が任意保険に加入していないとか過失割合等で相手方任意保険会社が出てこないとかで、

被害者が自分で自賠責保険に被害者請求で治療費等を請求する必要がある場合や、後遺障害申請を被害者請求で行う場合は、この相手方の自賠責保険に請求することになります。

カテゴリー
警察(事故証明書)関係

交通事故証明書1

万一交通事故に遭遇してしまったら、警察に届出することが必要です。

警察に届出しなければ、後から交通事故の発生を公的に証明する「交通事故証明書」を発行してもらうことはできません。

以下、自動車安全運転センター提供の交通事故証明書の見本です。

カテゴリー
労災保険

労災保険で治療費を支払う-業務災害の交通事故の場合-

業務災害の交通事故

業務中の交通事故の治療で労災保険を使う場合、「療養補償給付たる療養の給付請求書」(様式第5号)を労基署から入手し、事業主の証明を受けた後に労災保険適用の病院に提出します。(労基署ではありません)

これにより、被害者は病院から治療という行為での給付を受け、治療費は病院から労災保険に請求されますので、被害者の金銭的支払は発生しません。

 

以下は(財)労災保険情報センター提供の、業務災害用の「療養補償給付たる療養の給付請求書」(様式第5号)の書式です。

無料メール講座のご案内

お問い合せやご相談の前にご利用下さい。

mail_kouza590

「労災保険のメリット」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。
一日一通のペースでメールが届きます。

「労災保険のメリット」編の主な内容

  • 労災と自賠責、どちらをつかう?
  • 労災保険のメリットを使いこなす!#1 治療費編
  • 労災保険のメリットを使いこなす!#2 治療打ち切り対策編
  • 労災保険のメリットを使いこなす!#3 休業特別支給金
  • 労災保険のメリットを使いこなす!#4 特別支給金
  • 労災保険のメリットを使いこなす!#5 後遺障害認定
  • 労災保険のメリットを使いこなす!#6 フォロー制度
  • 会社が適用を渋る場合は?
  • 補償の大部分を希望通りいするために#1
  • 補償の大部分を希望通りいするために#2
  • 補償の大部分を希望通りいするために#3
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#1
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#2
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#3
  • etc.
カテゴリー
労災保険

労災保険で治療費を支払う-通勤途中の交通事故の場合-

通勤途中の交通事故の治療で労災保険を使う場合、

「療養給付たる療養の給付請求書」(様式第16号の3)(通勤災害用)を労基署から入手し、事業主の証明を受けた後に労災保険適用の病院に提出します。(労基署ではありません)

これにより、被害者は病院から治療という行為での給付を受け、治療費は病院から労災保険に請求されますので、被害者の金銭的支払は発生しません。

 

以下は(財)労災保険情報センター提供の、業務災害用の「療養給付たる療養の給付請求書」(様式第16号の3)(通勤災害用)の書式です。

カテゴリー
労災保険

労災保険の第三者行為災害届

あなたが遭った交通事故が、業務中であったり通勤途中であった場合は、労災保険の適用となります。

交通事故で労災保険適用を受け治療費を負担してもらったり休業の所得を補償してもらったりする場合には、まず事業所を担当している労働基準監督署に「第三者行為災害届」を提出しなければなりません。

これは、本来第三者(この場合は加害者)が補償すべきものを労災が立て替えることになるので、後ほど加害者に労災が求償する手続きを取るために必要なものです。

労災が適用されるかは労基署において個別に判断されますが、労災適用となった場合や労災適用可能な場合は、健康保険は使えないことを覚えておく必要があります。

以下は(財)労災保険情報センター提供の「第三者行為災害届」の書式です。

例は業務災害となっていますが、通勤災害も同様です。

無料メール講座のご案内

お問い合せやご相談の前にご利用下さい。

mail_kouza590

「労災保険のメリット」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。
一日一通のペースでメールが届きます。

「労災保険のメリット」編の主な内容

  • 労災と自賠責、どちらをつかう?
  • 労災保険のメリットを使いこなす!#1 治療費編
  • 労災保険のメリットを使いこなす!#2 治療打ち切り対策編
  • 労災保険のメリットを使いこなす!#3 休業特別支給金
  • 労災保険のメリットを使いこなす!#4 特別支給金
  • 労災保険のメリットを使いこなす!#5 後遺障害認定
  • 労災保険のメリットを使いこなす!#6 フォロー制度
  • 会社が適用を渋る場合は?
  • 補償の大部分を希望通りいするために#1
  • 補償の大部分を希望通りいするために#2
  • 補償の大部分を希望通りいするために#3
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#1
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#2
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#3
  • etc.
カテゴリー
後遺障害全般に関する知識

理不尽な認定-その2-

この仕事をしていますと、理不尽としか言いようのない認定に遭遇することがあります。

事故で膝の前十字靱帯を断裂されたIさんは、MRIで靱帯断裂が確認されており、ストレスレントゲンで動揺性が確認されており、装具も装着されていますが、認定はなんと、まさかの非該当!

初診時の主治医の意見書もつけて異議申立しましたが、非該当のままでした。

その根拠が、医療照会の回答において初診時の膝の腫れが血腫か水腫か確認されていない、歩行は正常であったと記載されているというもので、事故との因果関係が否定されました。

認定機関の医療照会の様式は極めて不親切な形式で、膝に腫れがあっても、穿刺で血腫か水腫か確認されていない場合は回答出来ない形式になっていました。

初診時の主治医は膝の腫れや動揺性があったことは認めていましたので

再度医療照会で確認されるよう要請しましたが無視されてしまいました。

初診時に被害者ご本人は、単に大げさに症状を訴えたくなかったのでできるだけ自然に歩くようにされていただけでしたが、それが仇となった側面もあります。

事故がゴールデンウィーク中だったため、初診受診が事故から数日後になったことも

最初から事故由来のケガかどうか疑われてスタートしたという面もあったことでしょう。

しかし、明確に靱帯断裂が確認されている以上、事故以外のどんな原因で受傷したというのでしょうか?このもっともな疑問に認定結果はまったく答えていません。

このように、少しでも弱点があればそこを徹底的に突いて認定しないというスタンスが残念ながら認定機関の基本的スタンスですので、憤りを通り越して悲しくなってしまいます。

無料メール講座のご案内

お問い合せやご相談の前にご利用下さい。

mail_kouza590

「膝の打撲で12級や10級もあり得る!」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

「膝の打撲で12級や10級もあり得る!」編の主な内容

  • 膝の打撲で動揺性関節?
  • 膝の靱帯損傷はこうやって確認する!
  • 膝関節の動揺性で後遺障害認定されるには?
  • 膝靱帯損傷を示唆する初診時の所見があったか?
  • 陳旧性って何?
  • 初診の遅れは致命的!
  • MRIで新しい靱帯損傷であることが確認されていることは必須!
  • 膝靱帯の完全断裂の場合は?
  • 膝靱帯の腫脹も後遺障害認定の可能性がある!
  • ストレスレントゲンで有意な左右差がみられること?
  • やる気のない医師にやってもらうのは危険!
  • 膝装具の作成と主治医の所見で等級が決まる!
  • 装具装着の必要性に関する所見で補強
  • 証明しにくいタイプの膝靱帯損傷もある
  • ゆるくなったゴムバンドみたい?
  • 拘縮を取り除くと膝グラグラに!
  • 12級ではないでしょう!
  • 労災事故なら労災を活用する手があった!
  • 労災に認定理由を開示させるテクニック
  • 膝の打撲で12級や10級の認定を目指して#1
  • 膝の打撲で12級や10級の認定を目指して#2
  • 膝の打撲で12級や10級の認定を目指して#3
  • etc.

1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。
一日一通のペースでメールが届きます。

(C)2013ジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ)