カテゴリー
その他

平成23年版交通安全白書が公表されました(内閣府発表資料)

交通安全白書が公表されました

平成23年までの統計がまとめられています。

これによると、交通事故死者数は減少傾向が続いており、ピーク時との比較で約1/4に減少しました。

死者数の中で高齢者がしめる割合が約半数を占める中で、16歳から24歳の若年層の死者数は平成元年頃をピークに急激に減少していることが分かります。

また、負傷者数も前年比約5%のマイナスであり、減少傾向が続いています。7年連続の減少です。

事故発生件数に至っては、19年ぶりに70万件を下回りました。

交通事故の減少が顕著に示されています。

これらの主な要因として示されている根拠として、次の要因が挙げられます。

  • シートベルト着用者率の向上
  • 事故直前の車両速度の低下
  • 飲酒運転等悪質・危険性の高い事故の減少
  • 歩行者の法令遵守

 

その他、

  • 平成22年度交通事故の状況及び交通安全施策の現況
  • 平成23年度交通安全施策に関する計画
  • 平成22年度交通事故の状況及び交通安全施策の現況
などが掲載されています。

引用元: 平成23年版交通安全白書 全文(PDF版) – 内閣府.

 

カテゴリー
高次脳機能障害

外傷を負った脳の腫れなどを80%以上抑制できる治療薬の開発に成功

外傷を負った脳の腫れを薬で抑制!

外傷で負った脳の腫れに対して手術することがありますが、その件数が将来的には劇的に減少するかも知れません。

脳の腫れがひどい場合には手術が行われますが、その目的は、脳ヘルニアを回避することにあります。

脳ヘルニアは生死に関わる重大な状態で、それを回避するために、腫れがひどい場合には手術が行われてきたのですが、その状況が一変しそうな研究成果が発表されました。

今回の研究成果は、手術をすることなく脳ヘルニアを回避する可能性を高める治療法の発見です。脳の腫れのメカニズムを解明したことが治療法の発見につながりました。

一般的には大変喜ばしい研究成果です。

しかし、交通事故の賠償面では注意が必要です。

なぜなら、手術をするほどのひどい脳損傷という言い方が出来なくなるためです。脳損傷の大小に関わらず手術が行われないことになると、その後の治療経過や精密検査が重要な意味を持つようになります。手術が行われれば、ある程度、高次脳機能障害も酷いだろうという推定が働き賠償につながりやすくなります。しかし、その推定に期待できないケースが増えるおそれが出てきました。その意味では、喜んでばかりいられない研究成果の発表と言えます。

詳しい発表は、4月4日付けで米国科学誌「Annals of Neurology」オンライン版に掲載されました。日本での報道は以下の記事をご参考に。

岡山大学は、交通事故などを原因とする脳外傷後に生じる脳腫脹の機序を明らかにし、急性脳腫脹に対する新しい治療法を開発したと発表した。成果は、岡山大大学院医歯薬学総合研究科薬理学の西堀正洋教授と脳神経外科学伊達勲教授らの研究グループによるもの。研究の詳細な内容は、4月4日付けで米国科学誌「Annals of Neurology」オンライン版に掲載された。

脳外傷は、交通事故や転落事故を最大の原因とし、脳外科臨床あるいは救急医療において頻繁に経験される病態の1つだ。高齢化の進行する日本において、事故の犠牲となる高齢者の割合も多く、また一方で、脳外傷を含む不慮の事故は若年層の死因の上位を占めている。・・・

引用元: 岡山大、外傷を負った脳の腫れなどを80%以上抑制できる治療薬の開発に成功 | エンタープライズ | マイナビニュース.

解決に一歩踏み出す!「無料メール講座」のご案内

お問い合せやご相談と併せて、あるいは、その前にご利用下さい。

mail_kouza590

「高次脳機能障害で上位等級!」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

「高次脳機能障害で上位等級!」編の主な内容

  • 相変わらず見落とされ易いのはなぜ?
  • 認定されればいきなり上位等級になる障害
  • 高次脳機能障害って何?
  • 記憶力や意思疎通能力の低下があったら高次脳機能障害を疑うべき
  • 問題解決能力の低下というような症状もある
  • 集中力や持久力の低下?
  • 性格の変化も?
  • 高次脳機能障害が認定されるための基本的な条件は?
  • 事故による脳の損傷がスタートライン?
  • 画像所見の裏付けが重要
  • 意識レベルの低下が継続したか?
  • 脳の高次の機能がどの程度損なわれているかを評価する
  • 知能検査(神経心理学的検査)
  • 言語機能検査
  • 記憶検査
  • 遂行機能検査
  • 人格特性検査
  • etc.

完全無料! 使える知識をお届けします。

無料メール講座入力フォーム

カテゴリー
高次脳機能障害

高次脳機能障害のメカニズム解明に一歩前進!

高次脳機能障害のメカニズム解明に一歩前進です

注意障害などの高次脳機能障害の解明や治療法につながる研究成果の発表がありました。

主な内容は、目から入った情報が脳内でどのような処理過程を経ているのか、そして、その過程において重要な役割を担う信号がある、というものです。

かなり専門性の高い内容なので私も十分な理解が出来ていませんが、これでまた一歩、高次脳機能障害の解明と治療に近づいたのは間違いありません。

記事の詳細は本文をご覧下さい。

京都大学は、動き・奥行きや色・形など、視覚情報に基づく物体認知に「前頭前野」から発信される「トップダウン信号」が重要な役割を果たしていることが発見されたと発表した。成果は、京大研究霊長類研究所の二宮太平特定研究員、同井上謙一特定助教、同高田昌彦教授らの研究グループによるもの。研究の詳細な内容は、5月17日付けで「Journal of Neuroscience」オンライン版に掲載された。

引用元: 京大、視覚による物体認知は前頭前野からのトップダウン信号が重要と確認 | エンタープライズ | マイナビニュース.

解決に一歩踏み出す!「無料メール講座」のご案内

お問い合せやご相談と併せて、あるいは、その前にご利用下さい。

mail_kouza590

「高次脳機能障害で上位等級!」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

「高次脳機能障害で上位等級!」編の主な内容

  • 相変わらず見落とされ易いのはなぜ?
  • 認定されればいきなり上位等級になる障害
  • 高次脳機能障害って何?
  • 記憶力や意思疎通能力の低下があったら高次脳機能障害を疑うべき
  • 問題解決能力の低下というような症状もある
  • 集中力や持久力の低下?
  • 性格の変化も?
  • 高次脳機能障害が認定されるための基本的な条件は?
  • 事故による脳の損傷がスタートライン?
  • 画像所見の裏付けが重要
  • 意識レベルの低下が継続したか?
  • 脳の高次の機能がどの程度損なわれているかを評価する
  • 知能検査(神経心理学的検査)
  • 言語機能検査
  • 記憶検査
  • 遂行機能検査
  • 人格特性検査
  • etc.

完全無料! 使える知識をお届けします。

無料メール講座入力フォーム

カテゴリー
脳脊髄液減少症

先週末の気になるニュース:ブラッドパッチの保険適用に光

先週の気になるニュース

脳脊髄液減少症を取り巻く環境は依然として厳しいものがありますが、着実に前進していることに喜びを覚えます。

交通事故被害者が脳脊髄液減少症を発症し治療を受けるためには幾多のハードルが存在します。私は、その中でも、診断できる病院の少なさが被害者にとってもっも問題であると考えています。この点、今回のニュースに取り上げられたように、保険適用への道が開ければ、検査・治療を取り入れようとする病院は間違いなく増えるはずで、被害者の利便性に役立ちます。

もちろん、ジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ)としても、導入済みの医療機関との連携を深めていきますし、導入を検討している医療機関への導入促進にも努めて行きたいと考えています。

少しずつですが、前進していることに喜びを覚えます。

「ブラッド・パッチ療法」が先進医療に-将来の保険適用に光医療介護CBニュース 5月17日木21時42分配信会見で承認の感想を語る脳脊髄液減少症の患者団体の代表者(17日、厚労省) 交通事故などが原因で、激しい頭痛やめまいに襲われる「脳脊髄液減少症」。その治療法として知られる「ブラッド・パッチ療法」硬膜外自家血注入療法は、これまで全額自己負担で行われてきたが、その保険適用に光が見えてきた。厚生労働省の先進医療専門家会議が17日、入院費用など一部で保険を適用する先進医療として承認した。2014年度の診療報酬改定での保険適用に向け、早ければ7月1日から、国の施設基準を満たす医療機関での症例データの収集が始まる。

引用元: 「ブラッド・パッチ療法」が先進医療に-将来の保険適用に光 (医療介護CBニュース) – Yahoo!ニュース.

カテゴリー
サービス/料金 相談

【事務所からのお知らせ】ジコナビのノウハウを教えます!

【事務所からのお知らせ】ジコナビのノウハウを教えます!

行政書士にはこれから益々厳しい競争の時代がくると

言われています。

 

毎年4,5千人の合格者、ベテラン行政書士による伝統業務の独占状態、

・・・

 

競争に生き残るためのノウハウの必要性が高まっています。

http://manual.jikonavi.jp/

 

交通事故業務の市場規模は小さくありません。

平成22年に交通事故被害者に認められた自賠責保険の後遺障害等級は61000件。

それに支払われた自賠責保険金はなんと1200億円。

その内の10~20%が行政書士の成功報酬と仮定すると、120億円~240億円の巨大市場が行政書士の目の前に存在します。

 

貴方の街でも交通事故は発生しています。

 

交通事故を専門とする行政書士、特に、医療と後遺障害を専門とする行政書士の人数が圧倒的に足りない状況です。

需要に対して供給が追いついていません。

 

そこに、千載一遇のチャンスがあります。

 

あなたも、すぐに交通事故の後遺障害の専門性を身につければ、

仕事がワンサカくるかもしれません。

 

2012.05.19販売開始

「よくわかる行政書士の交通事故業務マニュアル(診サポ編)」

 

是非、ご覧ください。

カテゴリー
後遺障害全般に関する知識 後遺障害慰謝料

交通事故解決で一番重要なことは何?

交通事故解決で一番重要なことは何?

交通事故解決で一番重要なことをご存じですか?

過失割合?

休業損害?

警察の取り調べ?

保険会社との交渉?

・・・

そうですね~、色々あって迷うと思います。

確かに、どれひとつ、手加減して良いと言えるものはありません。

しかし、もっとも大事なことが一つ抜けています。

それは、一番長く頻繁に利用する病院のことです。

警察よりも、保険会社よりも、長く頻繁に関わる病院のことを忘れてはいけません。

なぜなら、日々カルテに情報が蓄積されていくからです。有利なことも不利なことも事故以降に日々蓄積されていくからです。

交通事故解決は、最も長く深く関わる病院が最も重要なポイントとなるのです。

病院選びを間違うと・・・

  • 休業損害の根拠となる診断書や検査結果が不十分なものになります
  • 治療打ち切りを本来より早く実施されてしまいます
  • 過度な診療(濃厚診療)の被害に、あるいは、やる気のない診療の被害に遭います
  • 慰謝料の額に最も影響のある後遺障害の等級認定に失敗します

重要なのでもう一度繰り返します。

病院選びを間違うと交通事故解決は失敗します。

法律の力で挽回できないの?

診断・検査での失敗は、法律の力をもってしても挽回不可能です。

なぜなら、医療は医師の専権事項だからです。

法律でも医療のことには口出しできなくなっているのです。

事故以後、有利なことも不利なことも日々蓄積されていくという特殊性

休業損害は、事故以前の収入が決定的な条件となります。過失割合も事故の瞬間に起こったことが決定的な条件です。警察への対応も事故状況をありのまま伝えるだけです。言い逃れを試みるのは自由ですが、多くの方がかえって失敗しています。

そして、保険会社との交渉も同様です。それまで積み上げてきた事実を確認しあうだけです。弁護士を通すか通さないかで適用される慰謝料基準が異なるという点はありますが、基本的には事実を確認しあうだけです。

これらに共通して言えるのは、何一つ事故以後に新しい事実を作り上げるわけではない、ということです。

これに対し、病院との関係は決定的に異なります。

病院での出来事は、事故以後に新しく積み上げられていくからです。

  • 怪我が見逃されたり、
  • 痛みのある箇所を医師が全て診てくれなかったり、
  • 全て検査を受けていなかったり、
  • 本人が気付いていない怪我についても検査を試みてくれたか、
  • 救急搬送先の医師が耳鼻科や眼科といった専門外の医師でなかったか、
  • 専門外の医師にかかった場合に、即日あるいは翌日までに専門の医師にかかったかどうか、
  • やる気のない医師にかかったために、本当は異常があるのに「異常なし」とカルテに書かれていないか、
  • 病院によって対応は千差万別なことを

有利なことも不利なことも、病院での出来事は事故後に積み上げられていきます。

病院に関連するだけが、有利なことも不利なことも、事故以後に作られていきます。

過去の収入や事故状況は変えようがありませんが、病院のことだけは事故以後の対応で変わっていきます。

病院について交通事故被害者に立ちはだかる大きな壁

交通事故解決のポイントは病院選びにかかっています。

ここで問題となるのは、医師の性格や態度です。

一般的に、医師は交通事故被害者の患者を敬遠しています。酷い場合には、このようなことも起こっています。

医師から言われた驚き(落胆)の発現

このような医師にあたると、不利な解決が待っているのは明らかです。公平な解決は無理でしょう。

病院選びに役立つ重要な視点

病院をどこにするかを決める際は、次のポイントを押さえておくことが重要です。

  • 後遺障害診断書に前向きな医師にかかること

何も後遺障害が残る事故ばかりではありません。

しかし、後遺障害診断書が、医師にとって最も嫌なことです。

つまり、これに前向きな医師なら他のことも大丈夫というわけです。

そういう医師を自力では見つけられないという方のために

自力では協力的な医師を見つけられないという方のために、当事務所では病院紹介付きのサポートを提供しています。

行政書士と、整形外科・脳神経外科・画像診断医の連携で、交通事故被害者の後遺障害等級認定をトータルサポート!

  • もう病院選びの失敗で、不利な解決をすることはありません
  • 専門医と連携してトータルにサポートします
  • 後遺障害等級の認定も簡単に乗り越えられます

病院選びで失敗したと思ったら、なるべく早くご相談ください

医師の協力が引き出せずお困りの方や、大変なので自分では頑張りたくないという方のための解決策です。

無理なく協力的な医師の診察が受けられるサービスを提供しています。

早くご相談戴くことで理想的に解決できる可能性は高まります。

サービス概要

サービス概要&料金

当事務所は、交通事故専門行政書士事務所です。
病院紹介を中心としたサポートを提供しています。


交通事故被害者のための病院紹介


頭部外傷専門医をご紹介

このようなことを聞いても大丈夫?

病院選びの失敗が不公平の原因に


病院選びの失敗が不公平な慰謝料の原因に!

病院選びの失敗で交通事故解決を失敗

重要なので繰り返します。
病院選びの失敗が不公平な慰謝料の原因となります。


交通事故被害者のための病院紹介

ご依頼者が笑顔で交通事故解決を終えられるよう
法律と医療に詳しい当事務所が
整形外科・脳神経外科・画像診断医と連携し
後遺障害等級の認定をトータルサポートします。

  • もう、病院選びの失敗で不利な解決を強いられることはありません。
  • 医師との会話に四苦八苦し嫌な思いを重ねることもありません。

当事務所にご依頼戴ければ、法律のことから医療のことまで全てお任せ戴けます。

提供:
ジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ)
電話 06-6136-6011

サービス概要

rss

事務所からのお勧め情報

お気軽にご相談下さい

事務所概要

事務所概要

代表者プロフィール&受賞・マスコミ

〒533-0031大阪府大阪市東淀川区西淡路1-1-9 ビジネス新大阪328号 google map

電話 06-6136-6011 /FAX06-6136-6012

全ての方に良い解決を。そのための病院紹介付きサポートを。
お気軽にご相談下さい。

カテゴリー
その他

交通事故相談  保険代理店の皆様へ

保険代理店の方もご相談ください

当事務所では、保険代理店の方からのご相談およびご依頼をお受けしています。ぜひ、ご相談下さい。

  • お客様の事故の相手方が任意保険未加入の場合、
  • お客様に過失割合がない10:0の交通事故のため、お客様自身が事故処理をしなければならない場合等、

自賠責保険会社への請求が解決の中心となるケースでお役に立ちます。

また、特に、後遺障害(後遺症)の可能性がある場合においては、お客様自身での対応は困難であり、 専門的支援が必要です。

お客様が後遺障害診断のために専門性の高い検査や評価を必要とする場合や、かかっている病院の先生との相性が悪く後遺障害診断書に協力的でない場合に、ご相談ください。

当事務所では、単なる交通事故相談だけではなく、病院紹介や検査手配も可能です。

そのようなニーズをお持ちの保険代理店の皆様を支援しています。

ぜひ、ご相談下さい。

 

カテゴリー
治療・病院・医師にまつわる問題

骨折治療の金属板が入ったまま飛行機に乗ると・・・: Hepporon Library

骨折部のプレート固定と金属探知機

膝関節脱臼骨折後の靱帯再建術
こちらの写真はイメージです

面白い実験をされた方がいるのでご紹介します。

【実験内容】

骨折部を固定した金属プレートは金属探知機に反応するか?!

【結果】

「無反応」。

私も交通事故に遭い、1999年春~2000年夏まで大腿部に金属棒(髄内釘=キュンチャー)が入っていましたが、残念ながら、この方のように実験するまでには至りませんでした。

ちなみに、私の時はステンレス製の固定具がシェアを占めており、金属探知機には反応すると主治医から説明を受けていました。

今は、チタン合金の全盛期です。ひょっとすると、そうしたことも無反応の理由だったのかも知れません。

金属プレートの大きさや位置も影響するはずです。

調べた上で、改めてご報告したいと思います。

骨折治療の金属板が入ったまま飛行機に乗ると・・・

湯河原から東京へ出てお台場で半日過ごしたあと、帰りは羽田から飛行機で。

JAL137便はJA771J、one world塗装のB777-200。

引用元: 骨折治療の金属板が入ったまま飛行機に乗ると・・・: Hepporon Library.