カテゴリー
健康保険

交通事故にて被害者が健康保険を使うデメリット partⅡ

関連記事

交通事故にて被害者が健康保険を使うことのメリットはこちらをご覧ください

交通事故にて被害者が健康保険を使うデメリット partⅠはこちらをご覧下さい

保険会社の思うツボ!

交通事故で健康保険を使用すると、治療の範囲や期間に制約を受けます。

たとえば、半年以上の入院が必要な重症事故でも、それ以上の入院が認められないケースがあります。

診療点数が激減する(病院の儲けが少なくなる・場合によっては赤字になる)からです。

半年までは十分な診療点数がつくので病院は気持ちよく受け入れてくれますが、以降は追い出す方向に動きます。

しかし、露骨に追い出すわけではなく、あくまでも「医療の必要がなくなったから。」とか「他の急患のためにベッドを空けて欲しい。」といった建前を説明されます。

交通事故の場合、これを保険会社に逆手にとられるおそれがあります。

病院の「医療の必要がなくなったから。」という発言はあくまでも建前なのに、保険会社は「医師が治療打ち切りを認めた。」という打ち切りの根拠にしかねないからです。

これでは交通事故被害者は報われません。

追い出された上に治療費や休業損害を打ち切られたのでは、踏んだり蹴ったりです。

健康保険を使用するデメリットはこのような形で顕在化することもあるのでご注意下さい。

無料メール講座のご案内

お問い合せやご相談の前にご利用下さい。

mail_kouza590

「賠償に勝利する健康保険の使い方」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。
一日一通のペースでメールが届きます。

「賠償に勝利する健康保険の使い方」編の主な内容

  • 交通事故で健康保険は使えるの?
  • 交通事故で健康保険を使うには?
  • 健康保険を使ってメリット獲得#1 治療費節約
  • 健康保険を使ってメリット獲得#2 打ち切り対策
  • 健康保険をあえて使わない選択
  • 解決全体を見渡した場合の選択肢#1
  • 解決全体を見渡した場合の選択肢#2
  • 解決全体を見渡した場合の選択肢#3
  • etc.
カテゴリー
評判

効果半減↓ 段取りはスムーズさが命

段取りの違い

交通事故の病院探しは大変、というブログ記事を発見しました。

全くその通りだと思います。

特に、「自分で病院探しを・・・あまり意味がない」というくだりは最大限の同意を寄せたい部分です。

事前に病院に連絡しても肝心なことは分からないでしょう。

また、受付や診察時に尋ねても分からないままということの方が多いはずです。

そして、転院先が良くない病院であれば、時間の無駄というだけではなく、良くない記録がカルテに残り後遺障害等級の認定の妨げになるおそれもあります。

実際、こうして認定を逃した人を大勢知っています。

この様に、交通事故で病院を変えることは、リスクを増やす原因にもなります。

病院を変える際には段取りよくスムーズに進められるよう、細心の注意が求められます。

この様に、弁護士でも、おかかえの医者がいれば良いのですが、普通はそこまでする弁護士は少ないと思います。そんな場合は、行政書士に、交通事故専門の行政書士に無料相談されるのも良いかと思います。

ネットで、「ジコナビ」で検索されてみて下さい。 ご参考まで。

補足

ご自分で病院を探す場合でも、事前に病院へ連絡しても、あまり意味が無いと思います。直接診察してもらう時か、受付で説明するしかないでしょう。くどいようですが、後遺障害認定等級を獲得するご意志があれば、まず行政書士に無料相談されるのも、宜しいかと思います。その上で、交通事故専門の行政書士から医師の紹介を受けた方が、段取りがスムーズに運びます。知恵袋で調べるのも悪くありませんが、直接、ネットで交通事故専門の行政書士や弁護士のページへアクセスして調べて下さい。必ず良い知恵が見つかる事でしょう。くじける事なく、根気よく調べて下さい。

引用元: 昭和に生まれ育ったものたち.

カテゴリー
パートナー事務所

九州初・交通事故被害者の強い味方!

一般社団法人交通事故アセスメントセンター

九州の交通事故被害者にとって、たいへん心強い味方の登場です。

名称:一般社団法人交通事故アセスメントセンター

主たる事務所: 福岡県久留米市中央町25番地6

目的 : ① 後遺障害等級認定申請に係る支援サービス

② 交通事故後遺障害に関する研究及び講師講演活動

交通事故アセスメントセンターは、交通事故被害者に対する後遺障害の適切で質の高い等級認定の支援を目的に今年(2012年)3月に発足されました。

弁護士とも連携しており、交通事故全般に対して心強い味方となります。

ジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ)のパートナー事務所である上野正成行政書士事務所様が理事長を務めておられることから、こちらで紹介させて頂きました。

上野正成行政書士事務所様の営業時間・営業範囲等についてはこちらをご覧下さい。

また、一般社団法人交通事故アセスメントセンターについて非常に分かりやすく説明した記事があるので以下にご紹介します。

財界九州2012.07号 P65-66

 

カテゴリー
警察(事故証明書)関係

脱法ドラッグ・脱法ハーブで大阪市が意見書提出へ/規制強化要請

大阪市が国に意見書提出・脱法ハーブ規制

現行法では取り締まれない脱法ハーブの販売業者が全国に広がり、それに伴い中毒者の救急搬送も目立つようになってきたそうです。

医師の間でも脱法ハーブへの治療について話題になっているという話しを耳にしました。

脱法ハーブは麻薬取締法等により規制されている薬物と似た症状を発症するにもかかわらず、取り締まることはできません。

平成24年5月6日・大阪市内の交通事故でレンタカーを暴走させてひき逃げと当て逃げ事件が計6件も発生し、二人が重傷を負ったという事故がありました。

警察の取調の結果、「ハーブを吸って普通の精神状態ではなかった」という供述は記憶に新しいところです。

事の真偽はわかりませんが、車は社会に欠かせない乗り物だけに、安全やマナーに反する運転手は強く反省すべきです。

取り締まりの実効性を確保するためにも、自覚を促すためにも、指定薬物と成分構造が似ていれば一括で規制対象にするという「包括指定」に私は賛成です。

脱法ハーブで意見書提出へ/大阪市議会、規制強化要請2012/06/21 06:50  脱法ハーブを吸引したことによるとされる交通事故が大阪市などで相次いでいる事態を問題視し、国に脱法ハーブの規制強化を求める意見書を自民党大阪市議団が7月議会に提出する方針を固めたことが21日、関係者への取材で分かった。 脱法ハーブの規制強化を求める意見書は全国でも異例。最大会派の大阪維新の会など他会派と調整し、全会一致での提出を目指す。 意見書の原案は「化学構造を変化させた新たな脱法ドラッグが次々と出現し、規制が追いついていない」と指摘。厚生労働省に、薬事法で製造や販売が禁じられている「指定薬物」と成分構造が似ていれば一括で規制対象にできる「包括指定」の早期導入を求めている。

引用元: 脱法ハーブで意見書提出へ/大阪市議会、規制強化要請 | 全国ニュース |

カテゴリー
評判

嬉しい記事発見!

嬉しい記事を発見しました。

ありがとうございます。

http://04680722.at.webry.info/201204/article_448.html

カテゴリー
その他

【台風4号】本日は2時に営業を終了します 2012-6-19

台風4号による影響が懸念されるため、本日は午後2時をもって事務所の営業を終了します。

明日は通常取り午前10時より営業開始する予定です。

お急ぎの方申し訳ありませんが、明日10時以降にご連絡をお願い申し上げます。

ジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ) 拝

カテゴリー
サービス/料金

皆様おはようございます。ジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ)は本日より保険会社の側につきます!?

皆様おはようございます。いよいよ立場をかえます!?

いよいよ立場を変えます。

というのは半分冗談でして、これまで通りジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ)は交通事故被害者の味方です。

冗談でないのは、保険会社と委託契約を結ぶという点です。

具体的な内容は今日はまだ発表できませんが、保険会社との委託契約を本日結びます。

しかし、私の気持ちは一貫して交通事故被害者の味方です。

そのためにも、あえて相手の立場にもたってみようという心境です。

たとえば、不公平な後遺症認定や慰謝料算定を何度となく見てきましたが、はたしてそれが不払いや払い渋りと言えるものは実際のところは分かりません。

常々こうした事象に対する保険会社のとらえ方を知りたいと思ってきました。

そこで、両方の立場をより正確に知るため、あえて保険会社の側にたってみようというわけです。

知れば、払い渋りや不払いだけでなく、交通事故被害者の不正受給の実態も見えてくるばずです。

そして、私が何より強い関心をもっているのは、実は交通事故被害者の不正受給の実態です。

これこそが不公平の一番の原因であると思っているからです。

少なからず存在する心ない人たちによる不正受給に足を引っ張られるのが正直な被害者です。

その実態を知りたいと思います。

また、昨今、変な行政書士(不正受給を唆しているのではないかと思われる行政書士)が増えてきた印象も持っています。

保険会社がそれをどのように捉えているのかも興味津々です。

それも保険会社の側から実体を把握したいという気持ちがあります。

どこまでが公正で、どこからが不正なのか。

我々のような被害者側のとらえ方と、保険会社側のとらえ方の両方を中立的な立場から見てきたいと思います。

こうした動きが、最終的には全ての交通事故被害者に公平な解決をもたらすことの助けになることを願ってやみません。

カテゴリー
サービス/料金

ベテラン行政書士 福岡県上野行政書士事務所様

福岡県のベテラン行政書士事務所様がパートナー事務所に参加して下さいました

今回、新たに参加して下さったのは、福岡県の上野行政書士事務所様の代表上野正成先生です。

上野先生は、なんと交通事故相談業務歴10年以上の経験豊かな行政書士です。

行政書士としての経歴も長く、既に20年の大ベテランです。

スタッフも充実しており、しっかりとした対応が可能です。

さすが20年のベテランだけあって、地元のクライアントからの厚い信頼を築き上げておられ、福岡県行政書士会では支部長や交通事故部会部長の要職も務めておられます。

この度「診サポマニュアル」をご導入いただき、その際「共感できる部分が多数あった」とのうれしいコメントをいただきました。

新人行政書士の皆さんには是非とも目標にしていただきたい存在です。

20年間の行政書士としての経験はさすがです。

行政書士の廃業率の高さは皆様ご存じかと思いますが、それをものともせず20年間収入を得続けてきたのですからさすがです。

このようなベテランの先生から学べることは多々あります。

上野先生は、皆様もご存じの行政書士全国ネットワークを築き上げた大御所サイトと連携されていたご経験もあり、交通事故業務の第一人者と言っても差し支えありません。

そのような大ベテランの先生に「診サポマニュアル」を高く評価していただいたことは私どもにとって快い驚きであり大いに励みとなりました。

豊富な経験に驕らず、勉強と交流の機会を広げる意識を持たれ、新人行政書士研修用の「診サポマニュアル」からも学べることがたくさんあるとおっしゃるひたむきで謙虚な上野先生のお姿に心を打たれ頭の下がる思いが致します。きっと「診サポマニュアル」導入がその最初の一歩となるに違いありません。

一足飛びに上野先生のようにはなれないかも知れませんが、着実にしかも比較的短期間でその成功の道筋の追体験ができることでしょう。

「診サポマニュアル」導入は、上野先生を含めたジコナビのパートナー事務所のネットワークに加わる貴重な機会を提供します。

上野行政書士事務所様のWEBサイト(http://www.jiko-kurume.jp/

上野行政書士事務所様の紹介ページ(http://xn--tckj9ctb.jp/jiko-kurume)

カテゴリー
ケガ/部位別・後遺障害等級 その他 骨盤骨の後遺障害

仙骨を骨折

仙骨骨折

今回ご紹介する画像は、仙骨骨折後12級13号の認定を得た被害者のCT画像です。

(ご本人の特別の許可をもらい掲載しています。)

仙骨は脊柱の一部か骨盤の一部かという論争がありましたが、交通事故の後遺障害の分野では骨盤の一部ということで結論が出ています。

そのため、骨盤骨折という病名が確認された時点で、11級7号(脊柱の変形)や8級2号(脊柱の運動制限)といった後遺障害等級の可能性はありません。

6年ほど前には8級2号が認定された事案を担当したことがありますが、その後の改正でなくなりました。

仙骨骨折の最新ニュースといえばこちらではないでしょうか。

ツールドフランスという言葉くらいは皆様聞いたことがあると思いますが、その優勝候補の一人が仙骨骨折により出場できなくなるというニュースです。

当初は骨折を免れたと見られていたが、精密検査の結果、脊椎下部に位置する仙骨のセグメントS3を骨折していたことが判明。医師によると完治には4〜6週間かかり、必然的にツール・ド・フランスの出場は不可能となる。

引用元: ドーフィネで落車したアンディ・シュレクが仙骨を骨折 ツール欠場を発表 | cyclowired.